30代でパソコンの勉強を始めたい人、始めなければいけない人がいるのではないでしょうか。
今回は30代でパソコンの勉強を始める方法について解説します。

パソコンを30代で始める理由

30代でパソコンの勉強を始める主な理由は、次のとおりです。

  • 今の仕事で必要になったため
  • 転職のため

今の仕事で必要となったため

  • 20代の頃は、先輩に教えてもらうことが多かった。
    30代になって、新しく入ってきた後輩職員に教える立場になった。
  • 20代の頃は上司に教えてもらえた。
    30代になって、昇格、部下に教える立場になった。
  • 20代の頃は、上司や先輩を手伝う仕事が多かった。
    30代になって、自分中心の仕事が多くなった。
  • 20代の頃は、わからないことは上司や先輩に聞けた。
    30代になって、聞けくことができなくなった。

だから、パソコンのスキルを習得する必要が出てきた30代の人は多くいます。

転職のため

転職を考える主な理由は、次のとおりです。

  • 他にやりたいことができた
  • 体力がいる仕事をしているがいつまでできない
  • 今の仕事が合わない
  • 人間関係がうまくいかない

パソコンのスキルがなくても転職できます。
しかし、転職先の職種を狭めてしまいます。
エクセルやワード、パワーポイントなどのマイクロソフトオフィス製品を使えることが必須の職種が多くなっています。
転職に必要だからという理由でパソコンの勉強を始める人はいます。

パソコンを30代の人が勉強する方法

パソコンを勉強する方法には、独学とパソコン教室を利用する方法があります。
30代の人がパソコンの勉強するのであれば、パソコン教室を利用する方法をおすすめします。
30代でパソコンの勉強を始める人の主な理由は、

  • 今の仕事で必要になったため、
  • 転職のため

ではないでしょうか。
今の仕事で必要ななったためや転職のためにパソコンの勉強を始める人は、短期間でパソコンのスキルを習得したいのではないでしょうか。
今、仕事をしている人は、パソコンの勉強時間を確保することが難しいのではないでしょうか。
パソコン教室のメリットは短期間で習得できることです。
パソコン教室には講師が常駐しています。
勉強中に出てきたわからないことは、講師に質問できます。
質問すればすぐに解決します。
だから、短期間で習得できます。
当教室の30代の生徒さんの割合は3%です。
20代の生徒さんの割合の9%や40代の生徒さんの11%と比べて少なくなっています。
30代の生徒さんの割合が少ないのは、パソコン教室を利用する生徒さんが少ないのではありません。
エクセルやワードなどの基本操作を短期間で習得し卒業するからです。
パソコン教室にどのような年齢の人が通っているか不安な人は、「パソコン教室の年齢層とは|生徒が学習している内容を紹介」を参考にしてください。
事務などの仕事に必須のエクセルやワードの基本操作を短期間で習得したい人には、パソコン教室の利用をお勧めします。

無料体験レッスンを利用する

パソコン教室に入会する前に無料体験レッスンの利用をお勧めします。
無料体験レッスンでは、以下の点を確認してください。

パソコン教室へのアクセス

忙しい人にとって、アクセスが不便であることは時間を無駄にします。
自宅からすぐに通えるかどうか、仕事の帰り道に寄れるかどうかを確認してください。

予約を取りやすいかどうか

個別指導などでは、授業は予約制になっています。
しかし、自分が利用しようと考えている時間帯に利用する生徒が多ければ、予約が取りにくい教室もあります。
自分が通う時間帯の利用状況はどうかを確認してください。

今回の記事のまとめ

今回は30代でパソコンの勉強を始める方法について解説しました。
参考にしてください。