パソコン教室を選ぶとき、初心者の方は何を基準に選べばいいのかわからないのではないでしょうか。

今回は、パソコン教室の選び方について説明します。

パソコン教室を選ぶときのポイント

パソコン教室を選ぶときのポイントは以下の3点です。

  • インストラクター
  • 教室の雰囲気
  • カリキュラム

確かに、一斉授業やマンツーマン、個別指導などの授業形式も重要なポイントです。授業形式によって、授業料やカリキュラム、教室の雰囲気が変わります。しかし、逆に言えば、上記の3つのポイントで選ぶことで、選ぶ授業形式は決まってきます。

インストラクター

1つ目のポイントは、インストラクターの説明の仕方です。

なぜなら、パソコン教室に通う目的の1つは、インストラクターにわからないところを教えてもらうことだからです。

独学の場合は、教材やインターネットを使って自分で調べなければなりません。

しかし、教室に通っていれば、わからないことがあればインストラクターに教えてもらえます。

だから、授業を見学したり、無料体験を利用したりしてインストラクターの説明の仕方を確認してください。

確認するポイントは、2つあります。

1つ目は、人によって説明を変えているかどうかです。

人によって理解できる、できないは異なります。

同じ質問であっても人によって説明を変えなければ生徒さんは理解できません。

最初の説明で生徒さんが理解していないようであれば別の説明をしているかどうか確認してください。

2つ目は、インストラクターが知らないことを生徒さんが質問したときにどのような説明をしているかです。

インストラクターはすべての操作を知っているわけではありません。

質問に即答できない場合もあります。

そのような場合、生徒さんの貴重な授業時間を無駄にしないために、宿題とすることが大切です。

インストラクターがわからないことを説明せず宿題にしているかどうかを確認してください。

教室の雰囲気

2つ目のポイントは、教室が質問しやすい雰囲気かどうかです。

何度も説明しますが、教室にはわからないところを教えてもらうために通っています。

質問できなければ独学と同じです。

確認するポイントは2つあります。

1つ目は、インストラクターと生徒さんの数です。

なぜなら、1人のインストラクターに対して生徒さんの数が多いと質問できる時間が少なくなるからです。

目安としては、個別指導の教室であれば、インストラクター1人に対して生徒さんの数が3人なら質問できる時間は十分あると思います。

2つ目は、インストラクターから声かけをしているかどうかです。

なぜなら、生徒さんによって、質問が苦手な方や質問内容をどう説明していいかわからない方がいるからです。

そのような生徒さんは、質問がないからわかっているのではなく質問できない可能性があります。

生徒さんの進み具合を見て声掛けしているかどうか確認してください。

カリキュラム

3つ目のポイントは、カリキュラムが固定されているかどうかです。

なぜなら、カリキュラムが固定されていると、生徒さんにとって必要がない学習もしなければいけないからです。

生徒さんによって、パソコンを習う目的や現在のスキルが異なります。

どの生徒さんに対しても同じカリキュラムで進めることはできません。

だから、生徒さんに応じたカリキュラムを組んでいるかどうかを確認してください。

パソコン教室を選ぶ方法とは

パソコン教室の選び方は、以下のとおりです。

  • パソコン教室に通う目的を明確にする
  • パソコン教室の説明を聞く
  • 無料体験を利用する

パソコン教室に通う目的を明確にする

最初に、パソコン教室に通う目的を明確にしてください。

目的によって期間やコース、レベルなどが変わります。

当教室に来られている生徒さんの主な目的は以下のとおりです。

  • 就職のため
  • 会社の仕事で必要になったため
  • 趣味にパソコンを活用するため
  • 小中学生の習い事として

例えば、就職が目的の場合、期間は短期になることが考えられます。

エクセル(Excel)であれば、グラフの作成や関数を使ってのデータの集計のマスター、

ワード(Word)であれば、社内外への文書作成や会議資料を作成できるようになることが学習内容になるのではないでしょうか。

また、MOSなどのパソコンの資格取得のために勉強する人もいます。

しかし、趣味に活用することが目的の場合は、趣味で撮影した写真や動画を編集することが学習内容になることが考えられます。

だから、最初にパソコン教室に通う目的を明確にしてください。

パソコン教室の説明を聞く

次に、パソコン教室の説明を聞いてください。

なぜなら、選んだパソコン教室で目的を達成できるかどうかを判断しなければならないからです。

インターネットのホームページなどには、その教室の様子や評判が掲載されています。

しかし、すべてが正しいわけではありません。

実際に教室へ行き、説明を受けなければ事実はわかりません。

パソコン教室に通う目的を伝え、対応可能かどうかを確認してください。

無料体験レッスンは必ず利用する

パソコン教室を利用する前に無料体験レッスンの利用をおすすめします。
インターネットのホームページや口コミの情報もありますが、実際にレッスンを体験してください。
教室では、無料料体験レッスンの前にカウンセリングを実施しています。
カウンセリングの目的は、2つです。

  • 入会希望者の疑問点を解決すること
  • 入会希望者の目標や目的を把握すること

生徒さんに安心して入会していただくため、疑問点をすべて解決しています。
カウンセリングでは、不安なことや疑問なことを担当カウンセラーに聞いてください。

生徒さんの目標や目的を最短で達成していただくために、パソコンを勉強する目的や目標、通学できる回数などを聞かせていただいています。
カウンセリングを通して、あなたに目的や目標にあったカリキュラムを提案させていただいています。
カウンセリングの後、無料体験レッスンを実施します。

無料体験レッスンでは、次の点を確認して下さい。

  • 講座が自分の学びたい内容になっているか
  • 授業の形式はどうか
  • インストラクターの教え方や説明はわかりやすいか
  • 自宅や職場からのアクセスはどうか
  • 車で通う人は、駐車場はあるか
  • 電車で通う人は、駅に近いか
  • 自分が通うことを考えている時間帯の他の生徒さんはどんな生徒さんか

無料体験レッスンについては、こちらを参考にしてください。

どのようなレッスンスタイルがあるか

パソコン教室のレッスンスタイルの代表的なものは、以下の通りです。

  • 一斉授業
  • 動画・映像授業
  • 個別指導
  • マンツーマン(個人)レッスン

一斉授業では、数人の生徒に対し、1人の講師(インストラクター)が教えます。

動画・映像授業では、生徒さんは各自でビデオを見て操作方法を勉強します。

わからないことがあれば、講師(インストラクター)に質問します。

わからないことをすぐに解決することができます。

生徒がそれぞれ自分のペースで勉強を進めることができます。

個別指導では、複数の生徒に対し、一人の講師(インストラクター)が教えます。

個別指導も、わからないことがあれば講師(インストラクター)に質問します。

わからないことをすぐに解決することができます。

生徒がそれぞれ自分のペースで勉強を進めることができます。

マンツーマン(個別)指導では、生徒一人に対し、一人の講師(インストラクター)が教えます。

講師(インストラクター)を独占できるところが、他のレッスンスタイルと大きく違います。

結論:選び方のポイントは3つ

今回は、パソコン教室の選び方について説明しました。

今回の記事を参考に、最短で身につけられる教室を選んでください。

他にもこんな記事が読まれています