ノートパソコンで入力作業をしていると、突然カーソルが違う場所に移動して、「いつの間にか打った文字が違う場所に表示されている」ということはありませんか?
間違えたところを消して、さらにもう一度打ち直して…と手間が増えてイライラしますよね。
実は原因は、身近なタッチパッドにあるんです。
今回は、カーソルが動いてしまう原因と、その対策法についてお伝えします。

ウイルスではなく、原因はタッチパッド

ウイルスの可能性も100%否定はできませんが、ほとんどの確率でウイルスでないことの方が多いです。
その原因がタッチパッド。
入力時に手首や服の袖が当たると、カーソルが動いてしまうことが。
「え、今ちょっとしか触れていないのに!!」
という場合でも、カーソルが違う場所に動いてしまうことがあります。
そのため、入力時にはできるだけタッチパッドに触れないように、注意して入力する必要があります。

カーソルが動きにくいようにするには? ①タッチパッドの感度を下げる

タッチパッドに触れないように注意していても、なかなか難しいこともあります。
「どうしても当たってしまう…」という方は、タッチパッドの方をどうにかするしかありません。
その方法の1つが、タッチパッドの感度を下げるというものです。
「カーソルは勝手に動いてほしくないけど、たまにタッチパッドも使うのよね」
という方は、こちらの方がいいかもしれません。
方法は以下の通りです。
  1. スタートボタンをクリックし、歯車マークの「設定」をクリック
  2. 「デバイス」をクリック
  3. 左のメニュー一覧から「タッチパッド」をクリック
  4. 「タッチパッドの感度」から「低い感度」を選択

これで、マウスの感度を下げることができます。

カーソルが動きにくいようにするには? ②タッチパッドを無効にする

「タッチパッドの感度を下げたけれども、カーソルは相変わらず動いてしまう…」
「もうタッチパッドは使わないから、感度は要らない!」
という方は、タッチパッドを無効にするといいでしょう。
方法は以下の通りです。
  1. スタートボタンをクリックし、歯車マークの「設定」をクリック
  2. 「デバイス」をクリック
  3. 左のメニュー一覧から「タッチパッド」をクリック
  4. 画面右側から「追加の設定」をクリック
  5. 出現した画面のメニュー「デバイス設定」から、「USBマウス接続時に内蔵ポインティングデバイスを無効にする」をクリック

タッチパッドを無効にしているのにマウスカーソルが動く?

マウスカーソルが勝手に動く原因に、タッチパッドを一つの要因として挙げましたが、それでも解決しない場合もあります。
タッチパッドを無効にしても動作が改善しない場合には、一度マウスの電池やマウス自体を変えてみましょう。
それでも改善しない場合は、
  • マウス本体が故障しているか、
  • パソコン内部に何か不調がある
  • 遠隔操作ができるウイルスに感染している(レアケースだがあり得ないことはない)

ということが考えられます。
そういう場合はためらわずにお近くのパソコン修理店に相談してみましょう。

ちなみにキュリオステーション岩出店でも、パソコンの点検は無料で実施しています。
困った場合は、ぜひお立ち寄りくださいね。

最後に

タッチパッドの感度を無効にする方法をお伝えしてきました。
今まで「タッチパッドが要らない」「手が当たってイライラする」などと思っていた方は、ぜひともこの方法でオフにしてみてくださいね。
今回も最後までお読みいただきありがとうございました。