WordやExcelを使っていて、急に画面が全体的に黒くなってしまったこと、ありませんか?
「何もしたつもりはないんだけど…ある日突然なったのよ」
という方がもしかしたらいらっしゃるかもしれません。
勿論、何もせずに勝手にダークモードになる方が珍しいですが、まれに勝手に適用されてしまった事例も存在します。
今回は、思いがけずしてダークモードになってしまったときの解除法についてお伝えします。

ダークモードから元に戻す方法はこれ

Word、Excel、PowerPointのすべてで、同じやり方で変更することができます。
なお、どれか一つソフトの表示モードを変更すると、他のオフィスソフトにも同じように適用されます。
  1. 画面左上の「ファイル」タブをクリック。
  2. 左側に「情報、新規、開く、名前を付けて保存…」といったように一覧のメニューがあるので、その中から「オプション」を見つけてクリック。
  3. するとオプションの画面が出てくるので、画面左側の部分で「全般」もしくは「基本設定」のところが選択されていて、その画面になっていることを確認する。
  4. 画面中央に「Microsoft Officeのユーザー設定」というところを見つけたら、「Officeのテーマ」という部分があるため、その隣の下向き矢印をクリックすると、適用できる表示モードが出てくる。その中から「カラフル」を選択、あとは画面右下の「OK」をクリックすると完了。

他にも色々なモードがある

その他にも色々な色の表示モードがあります。
  • カラフル…これが一番最初に設定されているモードです。
    白とそれぞれのオフィスソフトのカラー(Excelは緑、Wordは青、パワーポイントはオレンジ)を基調とし、表示がされます。
  • 濃い灰色…画面上部のメニューをメインに色が濃い灰色になります。
    文字を入力する部分、文書作成部分は白色のままです。
  • 黒…濃い灰色のさらに一段階上の暗さが黒です。
    濃い灰色と同じように、文書作成部分は白色のままです。
  • 白…黒や濃い灰色とは違い、メニューも含めた画面全体が白色になります。

最後に

今回は、Microsoftのオフィスソフトの色の表示を変更する方法についてお伝えしました。
ぜひご自身に合ったモードを適用して、一度使ってみてくださいね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。