パソコンで作業をしているときに、作業中の画面が消えて、急にデスクトップ画面に戻ってしまうことはありませんか?
  • デスクトップに一瞬戻り、またすぐに作業画面に戻る
  • 作業画面が消えてデスクトップのままになる
直接作業に支障はないけれども、突然起こる謎の現象にはついついもやもやしてしまいますよね。
今回は、なぜ急にデスクトップ画面が出現するのか、についてお伝えします。

原因は「デスクトッププレビュー」にあり

お使いのパソコンの画面を見ていただくと、右下に縦長の四角のようなものが見えると思います。
デスクトッププレビューボタン
これがデスクトッププレビューをするボタンです。
一度押すとデスクトップ画面になり、もう一度押すと作業中もしくは閲覧していた画面が表示されます。
この状態であれば全く問題はなく、これが普通の状態です。
しかしながら、知らない間に設定が変わっていれば話は別です。
それは、ボタンの上にマウスを持っていくと勝手に画面がデスクトップ画面に切り替わってしまう設定のこと。
これがONになっていると、カーソルがボタン上にのるだけで、画面が切り替わってしまい、
「え!画面が消えた!どうしよう…」
と多くの人々をひやっとさせる原因になっているのです。

設定をOFFにする方法は?

OFFにする方法はいたってシンプル。
まずはボタンの上までカーソルを持っていき、そこで右クリックをします。
するとメニューが現れるので、その中から
「デスクトップのプレビュー」という項目を見つけてください。
チェックが入った状態だと思われますので、もう一度クリックするとチェックが消えます。
これで勝手に画面がデスクトップに切り替わることはありません。

そもそもデスクトッププレビューとは?

「使用用途が分からない」
という声が聞こえてきそうではありますが、ちゃんと目的があって作られているようです。
「一瞬でデスクトップ画面を見たい…」
「開いてるウィンドウ、一度で全部最小化したいな」
「デスクトップに保存したあれ、なんだっけ?一瞬で確認したいな」
といったときに使える機能のようです。

最後に

作業中に勝手にデスクトップに画面が切り替わってしまう原因と、解決法をお伝えしました。
少しでも皆さんの小さなストレスを減らすことにつながれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。