Excel(Word)で文書の編集をしていて、ふと気が付くと「上のメニュー(別名:リボン)、どこいった!?」と勝手にが消えていることはありませんか?
マウスを上の方に持っていくとひょっこり出てくるので、いくつか操作をすると、またひっこんでしまったりということもしばしば。
ワードをいったん終了したり、パソコンを再起動しても直らないので、厄介ですよね。
今回は、Excel(Word)で勝手に消えてしまうツールバーを元に戻す方法をご紹介します!

どうやってするの?消えたメニューを戻す方法

これはExcel(Word)だけにかかわらず、Excel、Powerpointでもメニューが消えてしまうことは多々あります。
そんな場合は画面の右上を見てみましょう。
四角の中に上向きの矢印が書いてあるマークがあると思います。
リボンの表示オプションの場所
このマークをクリックすると、3つほど選択肢が出てきますので、その中から「タブとコマンドの表示」というものをクリックします。
リボンの表示オプションの詳細
すると、消えたメニューが復活します。

メニューはなぜ消えるのか

一様に原因は特定できませんが、主に2つあると考えられます。
1つ目は、誤ってメニューを消すところを押してしまった場合。
リボンを自動的に非表示にするの画像
間違えてメニュー表示の選択肢を表示してしまって、訳が分からないまま「とりあえず押しちゃえ!と押したら、メニューが消えてしまった…」ということはしばしばあります。
もう1つ目は、「ダブルクリック」。
Excel(Word)、Excel、Powerpointでメニューの切り替えは主に「タブ」をクリックしながら行います。
Wordのリボン内のタブの画像
そのタブをクリックする際に誤って「ダブルクリック」をしてしまうと、メニューが消えてしまうことがあります。
このようにしてメニューが消えるようなことがありますが、「一度消したらもう復活しないの…」なんていうことはありませんので、ご安心を。

メニューの名前は「ツールバー」?それとも「リボン」?

Excel(Word)、Excel、Powerpointなどのオフィスソフトには、共通して画面上部にメニューがありますが、正しい呼び名はいったい何でしょうか。
確かに昔は「ツールバー」と呼ばれていました。
勿論それでも通用はします。
しかし、現在テキストに一番多く載っている名称は「リボン」になります。
リボンのような、帯のようなメニューなんだな、と思えば覚えやすくなるかもしれませんね。

タブとコマンドって?

「それじゃぁ、さっきのタブとコマンドっていったい何なのさ」という方、おられると思います。
「タブ」というのは、リボン上部にある目次のようなものの名称です。
「ホーム」「挿入」「デザイン」「レイアウト」「参考資料」「差し込み文書」…などが「タブ」と呼ばれる部分です。
Wordのリボン内のタブの画像
では、コマンドとはいったい何でしょう?
シュワちゃんが出てくるハードボイルドなアクション映画をついつい思い浮かべてしまう筆者ですが😌(映画:コマンドー)、ちょっと違います。
「コマンド」とは、メニューの中のマークのボタン、一つひとつのことを指します。
例えば、文字を太字にする「B」マークや、文字の色を変える「A」マークなど。
Wordのリボン内のコマンドの画像
全てのボタンは、それぞれ与えられた役割があり、押すことでその機能を発揮する。
そのような意味合いでコマンドと呼ばれています。

最後に

オフィスソフトのメニュー「リボン」が消えてしまった時の解決法についてお伝えしました。
突然消えてしまうことはありますが、上記の手順ですぐに再表示することができますので、ぜひ試してみてくださいね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。