ハローワークの求人票などをみていると、

仕事内容や必要なPCスキルに「エクセル(Excel)やワード(Word)の基本操作」と記載されています。

基本操作ができない方は

  • どうやってスキルを身に付ければいいのか
  • 毎月の負担が少ない方がいいので、独学で勉強することはできないか

など悩みませんか。

今回は、エクセル(Excel)を独学で勉強する方法について解説します。

エクセルを独学で勉強する方法とは

Excel未経験者が独学でスキルを身に付ける方法は、

  • 毎日パソコンに触れる
  • わからないことを解決する

ことです。

毎日パソコンに触れるためには、操作方法が分からなくては使えません。

操作方法は、テキストや動画で学習できます。

レベル別や目的別のテキストが発売されています。

youtubeの無料の学習用動画を見て勉強することも可能です。

エクセル(Excel)の使い方を分かりやすく解説されています。

パソコン教室を利用しなくても、基礎知識からグラフや関数、VBA(マクロ)までマスターすることが可能です。

そして、わからないことがあれば解決してください。

わからないことはインターネットで検索すれば調べることができます。

家族や友人、同僚に聞いて解決する方法もあります。

初心者がテキストを選ぶポイントとは

初心者の人がテキストを選ぶポイントは、以下の2点です。

  • 内容が簡単である
  • 練習問題がたくさん掲載されている

内容が簡単である

自分で読んで、解説されている内容が簡単だと感じるテキストを選んでください。

おすすめのテキストについて紹介しているインターネットの記事があります。

解説の方法や色使い、図解の方法などの違いで、人によって感じ方は様々です。

複数の初心者レベルの書籍を見比べて、自分が分かりやすいかどうかで決めてください。

練習問題がたくさん掲載されている

練習問題がたくさん掲載されているテキストを選んでください。

エクセル(Excel)の操作方法を覚えるには、使う回数を増やすことです。

仕事でエクセル(Excel)の関数やグラフ、VBA(マクロ)を活用している人は、自然と使う回数は増えます。

しかし、初心者の人はエクセル(Excel)で何をすればよいかわかりません。

教科書的なテキストより問題集的なテキストを活用すれば、エクセル(Excel)を使う回数を増やせます。

覚えられないので覚えようとしない

覚えようとしないでください。

パソコン全般に言えますが、範囲は非常に広くなっています。

覚えられません。

教室でも生徒の皆さんに言っています。

「覚えようとしないでください。」

「分からないところは、何回でも聞いてください。」

「繰り返しすることで、気が付けばできるようになっています。」

「パソコンを楽しみましょう。」

わからないことが出てきた場合はググる

わからないことがでてくれば、ググってください。

あなたのわからないことは、他の方も同じようにわからなかったことです。

インターネットで検索すれば解決方法は必ず載っています。

教室でも、違う生徒さんから同じ内容の質問があります。

エクセル(Excel)のスキルを習得していく過程で出てくる疑問点は、同じ内容です。

ググってもわからないという人には

わからないことをインターネットで検索して調べられない人はいます。

  • インターネットで検索したが欲しい記事が出てこない
  • 検索するキーワードがわからない
  • 書かれている内容が理解できない

パソコン教室のメリットは、わからないことを講師(インストラクター)に聞けることです。

インターネットで検索して調べたり、家族や友人、同僚に聞いたりして解決できない人にはパソコン教室の利用をお勧めします。自分で解決できなので

パソコン教室のメリットについては、こちらを参考にしてください。

結論:覚えず毎日パソコンに触れる

今回の記事では、エクセル(Excel)を独学で勉強する方法を解説しました。

参考にしてください。

他にもこんな記事が読まれています