パソコンでの入力時に、伸ばす音の「ー(伸ばし棒)」の入力に迷うことはありませんか?
特に、キーボードの右側のキーには「ー」が書いてあるキーがいくつもあって、「これか!」と思って打ったら「_(アンダーバー)」が出てきたり、「~(『から』を意味する波線)」が出てきたりして、時間のロスになったりしますよね…。
伸ばし棒ごときの入力にイライラしないために!
今回は、正しい伸ばし棒のキーの場所と、スムーズに打つためのコツをお伝えします!

キーボード右上あたりにある「ほ」のキーで入力!

伸ばし棒のキーはココなんです。

 

伸ばし棒の位置の全体図

覚えにくいという方は、伸ばし棒の「ほ」が書いてあるキーだ、と覚えるとよいでしょう。

パソコン伸ばし棒の「ー」 場所の覚え方

「確かキーボードの右側だったっけ…」と何となく覚えているけれども、いざ!と見たら、伸ばし棒らしきものでいっぱい…。伸ばし棒の場所拡大バージョン

なんとややこしい…。

隣には「~」のキー、さらにその隣には「¥」のキーも並んでおり、もはやプチパニックですよね。

「なぜこんなところに集結させた…」

と筆者はいつも思っているのですが、覚え方はいたってカンタン。

0のキーの隣にあるのが伸ばし棒「ー」のキーなので、覚えておきましょう。

パソコン伸ばし棒の「ー」のスムーズな入力はどうすればいい?

タイピングの練習をされている方であれば、「右手の小指だよね」とお思いかもしれません。
勿論、正しい入力ですのでそれでOKです。

しかし、タイピングに慣れていない方からすると、小指を使うのはなかなか至難の業。
「小指って神経通ってないの?」と思うくらい、動かなかったりします。

小指で打とうとするとプルプル…

小指を使うのが苦手な方は、他のウェブサイトにもあるように、薬指や中指を使う方がやりやすいかもしれません。
極力無理をせず、ストレスのない方法で入力するのもスムーズさにつながります。

最後に

伸ばし棒の場所や、スムーズな入力方法についてお伝えしました。
ぜひ覚えて、スムーズでストレスのない入力ができるようになってくださいね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。