求人への応募には、履歴書は必須です。

  • 手書きの履歴書の方が、人柄や熱意が伝わる
  • パソコン作成の履歴書の方が、スキルをアピールできる

など、いろいろ 悩んでいませんか。

今回は、履歴書を手書きするのがよいのか、パソコンで作成するのがよいのかを説明します。

履歴書は手書き・パソコン作成のどちらでもかまわない

結論は、履歴書は手書きでもパソコン作成でもどちらでも構いません。

理由は、採用担当者は、手書きかパソコン作成かより内容を重視しているからです。

確かに、履歴書を手書きで丁寧に書いているか、正確に書けているかなどをみることで、人柄、仕事に対する取り組み方や応募先を志望する真剣さなどがわかるという意見があります。

しかし、採用担当者が履歴書で重視しているのは、経歴や特技、志望動機、自己PRなどの内容です。

記載内容の書式に不備がなければ手書きでもパソコン作成でも問題はありません。

私は、前職で職員の採用を担当していました。

職場で、履歴書が手書きかパソコン作成かについて話題になったことは一度もありません。

手書きかパソコン作成かという理由で評価が変わることもありませんでした。

書類選考であれば、採用担当者は履歴書の内容をみて合否を決めています。

書類選考の後に面接があるのであれば、履歴書の内容から面接で何を聞くかを考えています。

だから、履歴書は手書きでもパソコン作成でもどちらでもかまいません。

どちらでもかまわないなら、履歴書はパソコンで作成する

手書きでもパソコン作成でも良いのであれば、履歴書はパソコンで作成してください。

理由は2つです。

  • 読みやすい履歴書を作成できる。
  • 短時間で履歴書を作成できる。

短時間で履歴書を作成できる。

履歴書で一番大切なことは、最後まで真剣に読んでいただくことです。

履歴書の内容がすばらしくても、読んでいただけなければ採用担当者に内容が伝わりません。

採用担当者は、短期間に大量の履歴書を読みます。

読みにくい履歴書はきちんと読んでいただくことができません。

だから、読みやすい履歴書を作ることを第一に考えてください。

手書きで人柄や熱意を伝えるより、パソコンで、読みやすい履歴書を作成しましょう。

短時間で履歴書を作成できる。

次に大切なことは、自己PRや志望動機、特技の内容を充実させることです。

せっかく最後まで真剣に読んでいただいたのに、内容が不十分であれば合格できません。

履歴書のスペースは限られています。

限られた枠内でいかにアピールできる内容を記載するかが重要です。

だから、履歴書を手書きすることに時間をかけるのではなく、パソコンを活用することで作成する時間を短縮し、内容を精査することに時間を使いましょう。

手書きとパソコン作成のメリット・デメリット

手書きとパソコン作成のメリットとデメリットを記載しておきます。

手書きのメリット

  • 誤字、脱字などを防ぐことができる。
  • きれいな字をアピールできる。
  • 丁寧に取り組める姿勢をアピールできる
  • 真剣に志望していることをアピールできる

手書きのデメリット

  • 履歴書作成に時間がかかる。
  • 誤字、脱字、内容の修正に時間がかかる
  • 複数枚作成するのに時間がかかる
  • 履歴書が読みにくければ読んでもらえない。

パソコン作成のメリット

  • 短時間で作成することができる。
  • 簡単に修正ができる。
  • 短時間で複数枚作成できる。
  • 読みやすい履歴書を作成できる。

パソコン作成のデメリット

  • 漢字変換誤り、タイピング誤りによる誤字、脱字が手書きより多い。

履歴書をパソコンで作成する方法

パソコンで履歴書を作成する方法として、ハローワークインターネットサービスの「履歴書・職務経歴書の書き方」を紹介します。

(https://www.hellowork.mhlw.go.jp/member/career_doc01.html)

このホームページでは、厚生労働省履歴書様式例がダウンロードできます。

PDF版とExcel版があります。

Excel版(A4)をダウンロードしてください。

A3版もあります。

自宅のプリンターで、A3用紙に対応していれば利用できます。

市販されている履歴書は、B4やA3の二つ折りとなっていますが、A4サイズ2枚でも問題はありません。

ただし、ホッチキスではなくクリップで留めましょう。

(事業所側は履歴書をコピーします。ホッチキス留めは事業所側の負担を増やします。)

作成後は、必ず履歴書を印刷し、誤字や脱字、漢字変換誤りなどがないか確認してください。

このホームページには「応募書類の書き方 パンフレット」が掲載されています。

パンフレットには、履歴書に加え、最近、事業所側から求められることが多くなっている職務経歴書作成の注意点やポイント、記載例が紹介されています。

国の職業紹介機関のパンフレットです。充実した内容になっていますので作成時の参考にしてください。

まとめ

履歴書は手書き・パソコン作成のどちらでもかまいません。

手書きとパソコン作成のメリット・デメリット、自分のスキルやアピールポイントなどを考え、どちらで作成するかを決めてください。

パソコンが使えないなどの理由がなければ、パソコンで作成することをお勧めします。

パソコンを活用することで、採用担当者に最後まで読んでいただける読みやすい履歴書を作成しましょう。

そして作成時間を短縮し、内容を充実させることに時間をかけ、合格を勝ち取ってください。