パソコンを使っていて、タスクバーが勝手に消えてしまう、ということはありませんか?

画面下に持っていくとタスクバーは出現するものの、操作をした後はいつの間にか自動的に消えている…。

けれども、なかなか戻し方が分からなかったりしますよね。

今回は、表示されないタスクバーを常に表示する方法についてお伝えいたします。

タスクバーを常に表示する方法はコレ!

タスクバーが常に表示されない原因は、「設定」内で見つけることができます。

以下の通り操作をしてみてください。

  1. タスクバーの上で右クリックをし、「タスクバーの設定」をクリック
  2. 画面が切り替わるので、画面中央にある「デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す」もしくは「タブレットモードでタスクバーを自動的に隠す」のところが「オン」になっていたら、「オフ」にする

これで、タスクバーを固定することができます。

「タスクバーを固定する」とは一体どう違うのか

「えっ、タスクバーの上で右クリックしたら出てくる『タスクバーを固定する』をクリックするだけじゃダメなの?」

と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

大丈夫です。筆者も全く同じことを考えていて、最近まで悩んでおりました。

しかし、これを有効にしても全く無意味で、タスクバーは常に表示されるようにはなりませんでした。

では、「タスクバーを固定する」とは一体何なのでしょうか。

実はこの機能、タスクバーの「高さ」を固定するもので、この機能をオフにしていると、ワードやパワーポイントで図形の大きさを変更するがごとく、簡単にタスクバーの高さを変えることができるのです。

「固定する」≠「常に表示する」ということでややこしいですが、「タスクバーを固定する」には惑わされないようにしましょう。

最後に

タスクバーが常に表示されないトラブルについて、解決方法をお伝えしました。

困っておられる方は、是非この方法でお試しいただけますと幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。