今回は、事務未経験の人がパソコン教室で勉強できる内容について解説します。

事務未経験の人がパソコン教室で勉強できること

事務未経験の人が、パソコン教室で事務に必須のスキルを習得することができます。

当パソコン教室では、

  • パソコンの基本操作
  • インターネット
  • メール
  • ファイル管理
  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Zoom(ズーム)・Skype(スカイプ)
  • 音楽CD
  • 年賀状
  • ネットショッピング

などを教えています。

パソコン初心者の人がパソコンを楽しんでいただけることを第一に考えています。

しかし、就職や転職、職場の異動などでパソコンを使わなければいけなくなった人には、業務に必要な内容も教えています。

事務が未経験の人がパソコン教室を活用していただければ、事務の仕事をしたことがない人でも短期間で必要なスキルを習得できます。

事務に必須のスキルを解説

事務に必須のスキル

事務の仕事で必須のスキルを紹介します。

事務の仕事で必須のスキルは、エクセルやワードが使えることです。

業種や職種、仕事内容にもよりますが、ほとんどの職場でエクセルやワードを使っているのではないでしょうか。

エクセルやワードではなく独自のシステムが導入されている職場であっても、エクセルやワードを使って入力するスキルを活用することができます。

だから、事務未経験の人が事務の仕事に就職や転職する場合は、エクセルやワードの基本操作ができることが必須です。

求人票に書かれている基本操作の内容

ハローワークなどの求人情報の条件に「エクセルやワードの基本操作ができること」と書かれています。

ハローワークなどの求人情報の条件に書かれている基本操作とは、次のとおりです。

エクセル

  • ブック(文書)の作成、編集、ブックの保存・上書き保存
  • 文字の入力・改行・装飾(文字の入力、「太字・下線・囲み線・文字色の変更、左・中央・右揃え」等の装飾)
  • シートの管理(新規シートの作成、既存シートのコピー、シートの移動等)
  • 表(表の作成、行・列の追加、セルの結合、罫線の追加・削除)
  • ページ・印刷設定(余白、用紙サイズ、印刷の向き、印刷の微調整等)

エクセルの基本操作についてはこちらを参考にしてください。

ワード

  • 文書の作成、編集、文書の保存・上書き保存
  • 文書の入力・装飾(文字の入力、「太字・下線・囲み線・文字色の変更、左・中央・右揃え」等の装飾)
  • 表(表の作成、行・列の追加、表のセルの結合、罫線の追加・削除)
  • 図形・写真(図形・写真の挿入・移動・サイズ変更・削除)
  • 用紙設定(余白、用紙サイズ、印刷の向き等)
  • 印刷

ワードの基本操作についてはこちらを参考にしてください。

事務未経験の人がパソコン教室で基本操作を勉強する方法

事務未経験の人がパソコン教室で基本操作を勉強する方法を紹介します。

パソコン教室では、テキストや動画などの教材を使ってエクセルやワードを教えています。

生徒さんは、テキストや動画などの教材で解説されている操作方法のマネを繰り返します。

テキストや動画などの教材の解説がわからなければ、パソコン教室の講師に質問します。

わからないところはその場で解決することができます。

独学でエクセルやワードを勉強する場合も同じです。

市販のテキストやYouTubeなどの動画で解説されている操作方法のマネを繰り返します。

テキストやYouTubeなどの動画の解説がわからなければ、インターネットで検索して調べます。

パソコン教室と独学の違いの1つは、わからないところを講師に質問するか自分で解決するかです。

パソコン教室で勉強する人は講師に質問し分からないところをすぐに解決できるので、生徒さんが必要としているスキルを短期間でマスターできます。

事務未経験がパソコン教室で覚えたスキルをアピールする方法

事務未経験の人が、パソコン教室で覚えたエクセルやワードのスキルを就職や転職の面接でアピールする方法を紹介します。

エクセルやワードの資格を取得することで、入社の面接でスキルをアピールすることができます。

エクセルやワードの資格の一つにMOS資格があります。

初心者の人でも、MOS資格試験の対策学習で合格できる試験です。

MOS資格のメリットには、

  • スキルを客観的に証明できる
  • 対策学習が実務力に直結する
  • 業務や作業効率が向上する

などがあります。

MOS資格は、エクセルやワードなどのスキルを客観的に証明できます。

だから、就職や転職ではエクセルやワードのスキルをアピールできます。

MOS資格試験は、実際のアプリケーションソフトをパソコンで操作する実技試験です。

MOS資格試験の対策学習をすることでパソコンを使う実務力を習得できます。

だから、事務の仕事をした経験がない人でもエクセルやワードの業務に対応することができます。

MOS資格試験の対策学習をすることで、仕事に必要なエクセルやワードのさまざまな機能を使えるようになります。

企業は、エクセルやワードのスキルを習得している応募者を歓迎しています。

また、MOS資格の取得でスキルアップを図ることができます。

昇給や資格手当の支給の対象になっている企業もあります。

パソコン教室では、MOS資格試験対策講座を開講しています。

MOS資格試験を目標にエクセルやワードの勉強を考えている人は、パソコン教室に相談してください。

まとめ:事務未経験の人はパソコン教室でスキルを習得する

今回は、事務未経験の人がパソコン教室で勉強できる内容について解説しました。

参考にしてください。