「コピー」の機能は、パソコンを使っていてあらゆる場面で使いますよね。
ただ、コピーの操作方法は一つではなく、いくつかあります。
意外と知らずに、一つの方法だけでコピーをされている方は多いのではないでしょうか。
今回は、Ctrl(コントロール)キーを使ったコピーの仕方をお伝えします。

メジャーなショートカット:Ctrlキー+C

これは、パソコン関係のほとんどのテキストに載っている、メジャーなショートカットといえるでしょう。
コピーしたい文章であればマウスで選択、図形であればクリックをしておいてから、Ctrl(コントロール)とCのキーを押すと、その部分が複製されます。
後は貼り付けたいところをクリックして指定して、

  • 右クリックをし「貼り付け」を押す
  • Ctrlキー+Vのキーを押し、「貼り付け」

で貼り付けます。
これは、パソコンを使う仕事であれば、どの職種の人でも知っておいて損はありませんので、覚えておきましょう。

ラクラクコピーできる:Ctrl(コントロール)キー長押し

実は、Ctrlキーの長押しで、コピーをすることも可能なんです。
コピーしたいところを、まずはマウスで選択します。
そのあとに、Ctrlキーを長押ししながら、選択した部分の上にマウスカーソルを持っていき、配置したい場所までドラッグします。
すると、コピーが自動的に作成され、配置したい場所に配置されます。
この作業を覚えると、流れるようにコピーの作成ができるので便利です。
ぜひ一度チャレンジしてみてくださいね。

最後に

たかがコピー、されどコピー。
効率を極めると、ご自身のお仕事がかなり楽になります。
ご自身に合ったコピーの使い方を覚えて、ストレスフリーになりましょう!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。