住民の皆さんは、公務員にはパソコンスキルは必要ないのではと思ってしまうのではないでしょうか。

実は、公務員にはパソコンスキルが必要なのです。

今回は、公務員のパソコンスキルについて説明します。

公務員のパソコンスキルとは

公務員のパソコンスキルとは、以下の2つです。

  • 各部署に導入されているシステムを早く使えるようになること
  • エクセル(Excel)などのオフィス製品のソフトを使えること

各部署に導入されているシステム

公務員が身につけるべきパソコンスキルの1つ目は、各部署のシステムを早く使えるようになることです。

企業と同様に都道府県庁や役所、役場などでは、各部署ごとに業務専用のシステムが導入されています。

公務員は公共サービスを提供するために業務専用のシステムを使います。

例えば、税を担当する部署であれば、主な業務である、税金額の計算や通知書や証明書の発行などは、

システムに情報を入力し、計算させ、発行するという流れで処理されます。

日々の業務をするためには、各部署への配属後早くそのシステムを使って仕事をできるようにならなければなりません。

だから、公務員が身につけるべきパソコンスキルの1つ目は、各部署で導入されているシステムを早く使えるようになることです。

エクセルなどのオフィス製品のソフト

公務員が身につけるべきパソコンスキルの2つ目は、エクセル(Excel)やワード(Word)、パワーポイント(PowerPoint)などのオフィス製品のソフトを使えることです。

仕事は各部署のシステムを使ってする仕事だけではありません。

エクセル(Excel)やワード(Word)、パワーポイント(PowerPoint)などのオフィス製品のソフトを利用して、資料や文書などを作成します。

エクセル(Excel)

予算や決算、補助金関係書類などの資料の作成では、エクセル(Excel)を使用します。

例えば、税を担当する職場であれば、税金の計算などは業務専用のシステムを使います。

しかし、税業務を執行するために必要な経費の予算や決算の資料はエクセル(Excel)を使って集計します。

予算を請求するのであれば、必要な経費を一覧にし、集計したり、対前年比などを計算しています。

ワード(Word)

庁内外向けの文書や会議の資料の作成では、ワード(Word)を利用します。

例えば、法規を担当している職場であれば、条例の制定などをする場合は、議会に提出する議案は、ワード(Word)を使って作成しています。

また、皆さんにも届くことがあると思いますが、県庁や役所、役場からの案内文書は各部署の職員がワード(Word)で作成しています。

回答文書など作成する場合もワード(Word)を使います。

パワーポイント(PowerPoint)

住民への説明会に使用する資料の作成では、パワーポイント(PowerPoint)を使用しています。

例えば、大規模であったり重要であったりする制度改正などは、案内文書だけでは説明できないことがあります。

そのような場合は、住民説明会を開いたりします。

住民説明会では、スライドなどを使用していますが、そのスライドは、パワーポイント(PowerPoint)を使って作成します。

公務員に必要なレベルとは

各部署のシステムとエクセル(Excel)やワード(Word)、パワーポイント(PowerPoint)などのオフィス製品のソフトに必要なレベルは、基本的な知識があり基本操作が身につていれば十分です。
各部署ごとに導入されている業務専用のシステムは、そのシステムを使用する部署に配置されるまで勉強することはできません。

しかし、各部署ごとに導入されている業務専用については、パソコンの基礎知識や基本操作が習得していれば使えるようになります。

パソコンの基礎知識や基本操作を習得すれば、異動後に受ける説明内容が早く理解できます。

エクセル(Excel)やワード(Word)、パワーポイント(PowerPoint)などのオフィス製品のソフトにいても基礎知識や基本操作を習得していれば大丈夫です。

新しい部署に配属後、エクセル(Excel)やワード(Word)、パワーポイント(PowerPoint)などのオフィス製品のソフトを使って、一からフォーマットを作ることはありません。

今まで使っていたフォーマットに入力することが中心です。

スキルを身につける方法は

パソコンの基礎知識や基本操作を身につける方法は、

  • 毎日使う
  • わからないことを解決する

を繰り返すことです。

なぜなら、パソコンのスキルは覚えて身につけるのではなく、無意識でできるようにするものだからです。

パソコンのスキルが高いと言われている人は、パソコンの操作を覚えているわけではありません。

無意識に操作をしています。

毎日、パソコンを使っているので、よく使う操作は覚えなくても無意識で使えるようになっています。

わからないことは、本やインターネットで調べたり、周囲の家族や友人、同僚に聞いたりすることで解決しています。

そして、次から使えるようにしています。

各部署で導入されているシステムは、その部署に配属されてからしか学ぶことはできません。

しかし、マニュアルを使ったり先輩職員に聞いたりして、システムを使う回数を増やしてください。

使っていると出てくる疑問点を解決していけば無意識にできるようになります。

エクセル(Excel)やワード(Word)、パワーポイント(PowerPoint)などのオフィス製品のソフトについても同じです。

毎日、パソコンに触れ、わからないことを解決することを繰り返してください。

公務員にMOS資格は役に立つか

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)資格は公務員に役立つことはたくさんあります。

なぜなら、MOS試験に出題される問題は、ビジネスの事務で使用するスキルを問う問題が出題されるからです。

確かに、MOS資格を取得していなくてもがなくても市役所などでは働くことは可能です。

実務をすることができます。

また、採用や昇給、昇進に必須ではありませんので資格そのものは公務員には必要ありません。

しかし、MOS資格試験は、履歴書の「免許、資格」欄に記載することができます。

採用試験ではMOS資格取得だけでは合否を判定しませんが、履歴書や面接でアピールすることができます。

また、MOS資格試験の対策をすることで、実務に必要なエクセル(Excel)やワード(Word)、パワーポイント(PowerPoint)などのオフィス製品のソフトのスキルを身につけることができます。

だから、MOS資格試験は企業への就職や転職だけではなく、公務員にも役に立つ資格です。

結論:公務員にパソコンスキルは必要

今回は、公務員のパソコンスキルを紹介しました。

今回の記事を参考にして、公務員試験の対策に加えパソコンスキルも身につけてください。