「マニュアルを作ってるんだけど、パソコン画面のこの画像を入れたい…!」
「ウェブページ全部は要らないけれども、この部分だけの画像が欲しい!」
というようなとき、ありませんか?
画面に表示されているものを瞬時に写真のように記憶する方法、いわゆる「スクリーンショット」。
スマホだけでしかできないと思ったら大間違い。
実は、パソコンでもスクリーンショットは可能なのです。
さらに!
画面全体だけではなく、画面の一部を切り取って保存する方法も!
この便利技を、皆さんお見逃しなく。

やり方は3種類 パソコンでのスクリーンショット方法一覧

  • 画面全体を記録→Prt Scキーを1度押す
  • ほしい部分だけ記録して保存→Shiftキー + Windowsキー + Sのキーを同時に押す

それでは、詳しく見ていきましょう。

Prt Scのボタンを押す方法(一番簡単な方法)

  • Prt Scを押す 

Prt Scキーとは、「Print Screeh(プリントスクリーン)キー」と呼ばれるものです。
画像として保存したい画面をパソコンに表示した状態で、このキーを押すと、画面に表示されていたものが記録されます。
あとは、このまま任意の文書の中で「貼り付け」ボタンを押して貼り付けてもよし。
もし、定期的に画像データとして使うのであれば、windowsキーと一緒にPrt Scキーを押すと、エクスプローラーのピクチャ内に自動保存されますので、データとして残すことが可能です。
ただ、定期的にエクスプローラーのピクチャ内、「スクリーンショット」フォルダ内の画像を削除しておかないと、様々な画像がいっぱいで混乱することにもなるのでご注意を。

応用技!ほしいところだけスクリーンショット

  • Shiftキー + Windowsキー + Sのキー

この3つを同時に押すと、画面が薄暗い状態になります。
この状態から、画面内で「ここだけほしい!」という部分を、マウスのドラッグ(左ボタンを長押し)で囲んであげます。
すると、囲んだ部分のみが画面から切り取られ、画面右側に「切り取り領域をクリップボードにコピーしました」という表示が出現します。
それをクリックすると、先ほどスクリーンショットした画像が新たなウィンドウ内に表示されますので、右上の「名前を付けて保存ボタン」をクリック。
あとは、保存する場所を指定して、任意の名前を付けて「保存」ボタンをクリックすると、画像データとして保存されます。
データとして保存が必要ない場合は、そのまま任意の文書などに「貼り付け」ボタンで貼り付けてあげると使用できます。
「かゆいところに手が届く!」ような感じで、使える場面が多いかと思いますので、是非とも使ってみてくださいね。

保存した写真は加工もできる

画像データとして保存したスクリーンショット画像は、加工ももちろんできちゃいます。
大きさを変更したり、わかりやすいように図形の赤丸を付けてあげたり、必要な部分だけトリミングしたり。
バリエーションは無限大です!!
パソコンで使用するソフトのマニュアルなどで使うのであれば、必要に応じて加工してあげるのもよいですね!
ちなみに筆者は、Windowsパソコンに標準搭載されている「ペイント」というソフトを使用して、画像の大きさを変更したり、図形をつけ足したりしています!
それ以外にもいろいろな画像編集ソフトがあるので、ぜひご自身に合うようなソフトを探してみるのもいいかもしれません。

最後に

画面をスクリーンショットする方法をいくつかお伝えしました。
細かい操作が難しい場合方は、まずはPrt Scキーを押すだけでも画面が記憶されますので、そこから任意の文書に貼り付ける、という方法から慣れていくといかがでしょうか。
少しでも皆さんのパソコンを使う幅が、今回の記事で広がりましたら嬉しく思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。