「若い人はパソコン教室に通わなくてもいい」

という暗黙の了解のようなものが、世間にはありますよね。

どちらかというと、パソコン教室はおじいちゃんおばあちゃんが趣味で通うイメージを持っている人もいるかもしれません。

しかし、それは昔の話。

今では全然、若い年齢層も通いやすい教室が増えています。

今回は、若者向けのパソコン教室についてお伝えしていきます。

なぜ、パソコン教室はおじいちゃんおばあちゃんのイメージなのか

どうして皆さん、ステレオタイプで「パソコン教室=年配」と考えてしまうのでしょうか。

それは、今までのパソコン教室が行ってきた商法にも影響しています。

昔はパソコンが触ったことがない世代の方が多かったため、趣味やボケ防止のために習われる方が多かったと思います。

そのため、パソコン教室もそのような宣伝をメインとして行ってきました。

特に、

「何回聞いても笑顔でお答えします」

といったような宣伝文句は、年配の方向けのパソコン教室を彷彿とさせます。

イラストも年配の方々ばかりのものが目立ちました。

若者向けのパソコン教室では何が学べるの?

若者向けのパソコン教室、というよりは、あらゆる年齢層をターゲットとしたパソコン教室があります。

むしろ最近は、年配向けのパソコン教室は減ってきて、内容も「年賀状作り」「町内会の資料作成」といったようなものだけではなく、

  • Excelで日付と曜日が自動的に変わる出勤表、他仕事で使える簡単なシステムをExcelで作成
  • PowerPointで発表資料の作成
  • 就職転職向けの資格講座(MOS講座など)

などなど、ビジネス系の学べる範囲が増えてきています。

そのため、仕事で困っていることを解決する、仕事でパソコンがある程度使えるようになる方々がパソコン教室に通われることが増えました。

また、一部の教室に限られますが、

  • ホームぺージ作成
  • 動画編集

といった講座が行われていることもあります。

昔と比べれば、パソコン教室で学ぶ内容の幅が広がったと言えるでしょう。

年配向け教室かどうかの見分け方

これは二つ方法があります。

一つ目はパンフレットを確認することです。

年配の方の写真が多く使われているようであれば、十中八九そこは年配の方向けの教室と考えてもいいでしょう。

「たまにはみんなで旅行に行きましょう♪」

といったように団体旅行の写真があれば、さらにそれは年配の方向けの教室だという決め手になります。

二つ目は、教室見学や無料体験をすることです。

教室見学で大体の雰囲気や年齢層が分かります。

パンフレットよりかは、こちらの方が直に雰囲気や生徒さんの特長が分かるのでお勧めです。

また、見学で、

「普段はどの年代の方が多いんですか?」

「どんなことが学べるんですか?カリキュラムは?」

とインストラクターに質問してみるのも良いでしょう。

百聞は一見に如かず。

是非、気になる教室に足を運んでみてください。

最後に

若者向けのパソコン教室についてお伝えしてきました。

年配の方向けのパソコン教室に行くことを否定するわけではないですが、人にはそれぞれ合うパソコン教室と合わないパソコン教室があります。

雰囲気や学べる内容など、教室の詳細をしっかりと確認してから、パソコン教室を決めていただけますと幸いに思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。