昔よりもパソコンを学校の授業で使うようになったという声が聞かれますよね。

しかしながら今、小中学校を出たからといって、パソコンがすらすらと使えるようになるのかというと、実は違うのです…!

今回は、中学生にもオススメしたい習い事の一つとして、パソコン教室について詳細をお伝えしていきます。

パソコンは中学校の授業だけで大丈夫でない!?

「今の子はいいよねぇ…学校で習えるから、仕事でも困らないだろうし」

と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

けれども、学校で習うのはあくまで最低限のレベル。

一般的なところでは、学習課題の提出に「入力をして提出ボタンをクリックする」といったものや、学校が導入している独自の教材ソフトを使うものなど、学校独自の使い方をするところが多いです。

入力の基礎を一から教えてくれたり、といったような授業はまあないでしょう。

また、ワードやエクセルのソフトを触る機会はあるだろうとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、一般的な中学校では「技術・情報」の時間で触ったり、独自に「パソコン」の時間がある学校はそんな時間で触る時間を設けているかもしれません。

ですが、マスターするほどがっつり触って、スキルを身につけられるかといえば、そうではありません。

世の中で求められている「The 一般的」な使い方が身についていると言われれば、微妙なところなのです。

中学生からパソコン教室に通わせるべきか?

ご家庭の経済事情や、他の習い事の状況にもよるので、「絶対」とは言えません。

しかし可能な限りは、通っていただく、不可能であればご自宅で「入力」とマウスの練習をしていただくのがいいかもしれません。

特に「タイピング(キーボードで入力すること)」は、この先の社会では必須事項です。

学生のうちから身につけられることをおすすめします。

現在の学校の子どもたちでもパソコンの入力に苦労する子が増えており、中には入力に時間がかかってしまったために、内容はできている課題を提出できなかった子もいたりするようです。

タイピングは、パソコンを使う上で最低限持っておくべきスキルと言えます。

タイピングを身につけた上で余裕があるのならば、ワードやエクセル、パワーポイントを遊び感覚で触り始めるのも良いでしょう。

基本的な操作方法を理解するのはもちろん、ソフトでの制作活動を通して自分を表現する力も身につけておく必要があります。

そのような点を考えると、パソコン教室には通っておいたほうがよいでしょう。

パソコンが学習や仕事で占める割合は増加する

スマホで何でもできる時代だという方もいらっしゃいますが、これから先もパソコンはなくなることはないでしょう。

なぜなら小さな画面で作業をするのは効率も悪いですし、大量のデータを取り込んだり扱ったり、表示したりということにはスマートフォンは向いていないからです。

とすると、この先もパソコンが残るのは明確です。

これから先も、学習や仕事で使う機会は減ることはないでしょう。

コロナ禍で当たり前になってきたリモートワークも、将来にはごく普通になっているのかもしれません。

勿論、パソコントラブルが起きた際には自分である程度対処することが求められますし、現在求められているスキルよりもっと高いスキルが求められても不思議ではありません。

また、現在大学では、パワーポイントで発表を行ったりする授業は当たり前だとのこと。

レポートもワードなどの文書作成ソフトで作成して提出することもあるようで、そういったオフィス系ソフトがサクサク使えるかどうかで課題の進み具合も、かかる時間もだいぶ違ってくるようです。

学校でも確実にパソコンを使う機会は増えてきています。

だからといって、「学校で」「仕事で」パソコンを教えてもらえるわけではないので、自分で触って練習する機会を設けることは大切です。

最後に

中学生に習い事としてパソコン教室に通わせるべきかどうかについてお伝えしました。

あくまでこれは筆者の独自目線が入っていますが、迷っている方がいらっしゃいましたら、参考にしていただけますと幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。