MOS資格取得のために利用されることが多い「MOS模擬試験」。

FOM出版社や日経BP社が問題集とともに模擬試験プログラムを販売していますよね。

つい最近、その模擬試験プログラムの演習中に、「マイクロソフトセキュリティーアラーム」と称した詐欺の画面が出現することが分かりました。

今回はその詐欺画面の詳細と、対処法についてお伝えしていきます。

日経BP社のMOS演習プログラムに出現

MOS試験の試験範囲に出てくる「ハイパーリンク」。

「このURLを元にハイパーリンクを削除しましょう!」

という問題が出てくるのですが、問題を解く際に設定したハイパーリンクをうっかりクリックしてしまうと、詐欺サイトへ飛んでしまうことが分かりました。

悪い奴は色々と考えるものですね…。

わざわざ試験練習用のリンクにそんなことをしなくても。

人が本当に悪いとしか言いようがありません。

警告画面は様々なものが出てくるとされていて、出現は恐らくランダムに色々な詐欺動画が設定されているようです。

そのため、全ての人が同じ警告画面を見るとは限らないので、その点も覚えておいてください。

該当する問題と詐欺画面の詳細

模擬試験プログラムの模擬問題2の「e-2-5-3」内の問題

MOS模擬画面ハイパーリンクの例

ハイパーリンクを削除する問題ですが、誤ってクリックをしてしまうとインターネットでURLを元にサイトが検索されてしまいます。

以前は検索がされても、

「このURLのサイトは存在しません」

といった表示がされていたのですが、最近、間違って飛んでしまうと以下のような画面が出現します…。

【動画事例その1】

【動画事例その2】

「ウイルスに感染しています」詐欺警告画面への対処方法

この偽の詐欺警告たちを決して信じてはいけません。

「トーキョーシナガワのサポートダイヤルに…!」

と言っていたりしますが、電話をかけると十中八九で

「オキャクサマー、ナニカオコマリデショウカ?」

と海外の超怪しいコールセンターがスピーディーに対応してくれます。

なので、電話をかけてはいけません、絶対に。

このような詐欺画面が出た時にするべきことは以下の2つ。

  1. 詐欺警告を即刻閉じる
  2. 日経BP社が提供している更新プログラムを即座に模擬試験に適用すること

では、詳しく解説していきます。

①詐欺警告の閉じ方

詐欺警告は普通に閉じようとしてもなかなか閉じません。

その間もけたたましいアナウンス音が鳴り響くため、パニックになりそうですが、決して慌てないでください。

まずは、キーボード上にあるキーの「Ctrlキー」「Altキー」「Deleteキー」の3つを探して、順番に長押ししていきましょう。

「Ctrlを押したまま、Altを長押しし始め、そのまま2つ長押しをしながらDeleteを長押しする」

というように操作をすれば、画面が変わって、「ロック…ユーザーの切り替え…サインアウト…」といった一覧が表示される画面が出てきます。

その一覧の中の一番下「タスクマネージャー」をクリックしてみてください。

すると、画面上に小さな「タスクマネージャー」のウィンドウが出てきます。

タスクマネージャーからブラウザを閉じる

上のような画面が出てくるので、「アプリ」という部分に使っているインターネットブラウザの名前を探しましょう(Google ChromeやMicrosoft Edgeなど)。

見つけたら、その名前のところをクリックし、画面右下の「タスクの終了」をクリックしてください。

そうすれば、偽の警告は消えるので、消えたのを確認したら、タスクマネージャーの画面は右上の「×」で閉じても大丈夫です。

②更新プログラムダウンロードの仕方

二度とこんな目に遭いたくない方は、更新プログラムを模擬試験プログラムに適用してしまいましょう。

  1. まずは、日経BPのサイトにアクセスして、「Excel用アップデータ」というところから「ダウンロード」をクリックして、更新用のデータをダウンロードしましょう。
    日経対策画面
  2. そして、画面下の黄色いフォルダのマーク「エクスプローラー」をクリックし、一番上にある「MOS Excel2019…exe」を見つけたらダブルクリックしてください。
    更新用データをダウンロードする
  3. すると以下のような画面が出てくるので「アップデート」をクリックしましょう。
    アップデート用データ
    更新が始まるので、終わりまで待ちましょう。
  4. 終われば以下のような画面が出るので、「閉じる」を押して、終了しましょう。
    アップデート完了

公式サイトでも解説はされている

日経BP社の公式ホームページにも、詐欺画面に飛ばされる事例について解説がされています。

本記事だけで不安な方は、是非一度こちらもご覧になってください。

日経BP社による詐欺画面への対処方法、解説はこちら↓

「弊社の書籍『MOS攻略問題集Excel 365&2019』ご購入・ご利用者様への重要なお知らせ」

最後に

MOS模擬試験プログラムから誤って詐欺警告画面に飛ばされてしまう事例について、解説しました。

もしお困りの場合で、本記事を参考に対処をいただけたなら、大変幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。