50代からパソコンを始めたい人、始めなければいけない人がいるのではないでしょうか。
今回は50代からパソコンの勉強を始める方法について解説します。

パソコンを50代から始める理由

50代からパソコンを始めたい人、始めなければいけない人がたくさんいます。
当教室の生徒さんのうち14%が50代の生徒さんです。
パソコン教室にどのような年齢の人が通っているか不安な人はこちらを参考にしてください。

50代でパソコンの勉強を始める主な理由は次のとおりです。

  • 部下や後輩を頼らずに資料を作成するため
  • エクセル(Excel)やワード(Word)などを使う部署に異動になったため
  • 事務職などエクセル(Excel)やワード(Word)などを使う仕事に転職のため
  • 定年退職後の再就職の準備のため
  • 定年退職後の趣味などに活用するため

部下や後輩に頼らずに資料を作成したい

若い頃は、会社の上司や先輩に仕事を教えてもらうことができました。

資料なども会社の上司や先輩に教えてもらいパソコンで作成したのではないでしょうか。

しかし、50代になると部下や後輩職員の方が多くなりました。

質問されることの方が多くなり、部下や後輩職員を頼れなくなってきます。

パソコンで資料を作成するときも、部下や後輩職員も忙しそうでパソコンを聞くのが申し訳なく感じてしまいます。

部下や後輩に頼らず資料を作成するためにパソコンの勉強を始める人がいます。

エクセル(Excel)やワード(Word)などを使う部署に異動になったため

今まではエクセル(Excel)やワード(Word)を使って資料作成などの仕事をしたことがなかった人がエクセル(Excel)やワード(Word)を使って資料を作成する事務部門に異動になることがあります。

異動先の職員に迷惑をかけたくないのでエクセル(Excel)やワード(Word)の勉強を始める人がいます。

事務職などエクセル(Excel)やワード(Word)などを使う仕事に転職のため

事務の仕事ではエクセル(Excel)やワード(Word)、パワーポイントなどのパソコンのスキルは必須です。

エクセル(Excel)やワード(Word)(Word)の基本操作ができることが条件の求人票が多くなっています。

事務の仕事などエクセル(Excel)やワード(Word)を使う仕事に転職のためにパソコンの勉強を始める人がいます。

定年退職後の再就職の準備のため

定年退職後に再就職したい人はいるのではないでしょうか。

事務の仕事ではエクセル(Excel)やワード(Word)、パワーポイント(PowerPoint)のスキルが有利になります。

パソコンの資格であるMOS資格などの取得を目指している人もいます。

定年退職後の趣味に活用するため

定年退職後に自分の好きなことで楽しみたい人は多いのではないでしょうか。

パソコンは趣味の幅を広めます。

今、ハマっている趣味だけではなく新たな趣味を見つけられます。

パソコンを50代の人が勉強する方法

パソコンの勉強方法は大きく分けて、独学とパソコン教室を利用する方法の二つがあります。

パソコンを教室で勉強しなくてもいい人

パソコンの勉強をしていてわからないことを解決できる人は、パソコンを教室で勉強する必要はありません。

パソコンの勉強しているときに起こったトラブルに対処できる人は、パソコンを教室で勉強する必要はありません。

パソコンに関する本や動画、インターネットの情報が多数ありますので、独学でパソコンを覚えることはできます。

  • パソコンの基礎知識
  • 求人票で求められているエクセル(Excel)やワード(Word)の基本操作
  • メールの送受信
  • インターネットの利用
  • パソコンの資格取得
  • プログラミング

などを独学で習得できます。

本や動画、インターネットの情報で解説されている内容を理解できるのであればパソコンを独学で習得できます。

また、本や動画、インターネットの情報で解説されている内容を理解できなくても自分で解決できるのであればパソコンを独学で習得きます

パソコンを50代で始める人に教室で勉強することをおススメする理由

パソコンの勉強をしていてわからないことを解決できない人や起こったトラブルに対処できない人はいます。

家族や同僚に聞いたりインターネットなどで検索して調べたりしてわからないことを解決したり起こったトラブルに対処できます。

しかし、次のような理由で、50代からパソコンの勉強を始める人にはパソコン教室をおススメします。

家族や同僚に聞く

わからないことは家族や同僚に聞くという方法があります。

しかし、

  • 子どもに何度も聞くと喧嘩になる
  • 部下、後輩に聞くことが恥ずかしい
  • 忙しい職場の同僚に聞くのは申し訳ない
  • 専門用語を使う子どもや同僚、部下、後輩の説明がわからない

ということはありませんか。

パソコン教室では、教室に講師(インストラクター)が常駐しています。

何度でも同じ質問ができます。

質問された内容には専門用語を使わなくても説明することができます。

初心者の人にとってわかりやすくなっています。

インターネットで検索して調べる

わからないことはインターネットで検索して調べるという方法があります。

しかし、パソコン初心者はインターネットで検索しても答えを見つけられないことがよくあります。

パソコン初心者の人には、「わからないことがわからない」ということがよくあります。

「わからないことがわからない」状態では検索できません。

また、答えが見つかっても解説が分からないということもあります。

パソコン教室では、教室に講師(インストラクター)が常駐しています。

わからないことは講師(インストラクター)に質問ができるのですぐに解決します。

トラブルに対処できない

パソコンに苦手意識がある人は、パソコンを使っていてもトラブルが起きないか不安になりませんか。

パソコン教室であれば、勉強中にトラブルが起こっても講師(インストラクター)が対処します。

安心して勉強できます。

無料体験レッスンを利用する

パソコン教室に入会する前に無料体験レッスンの利用をおススメしています。

50代からパソコンの勉強を始める人には、教室で実際にレッスンを受講しチェックしてほしいポイントがあります。

どのような生徒さんが通っているか

パソコン教室には幅広い年齢の生徒さんが通っています。

年齢層が違うと教室の雰囲気が変わります。

自分が通う時間帯の生徒さんがどのような年齢層の人か確認してください。

授業内容はどうか

パソコン教室の授業形式(スタイル)には、一斉授業、個別指導、マンツーマン(個人)レッスンなどがあります。

形式によって授業内容が違ってきます。

自分にあった授業形式(スタイル)かどうか確認してください。

テキストや動画の内容を理解できるか

パソコン教室には豊富な講座が用意されています。

生徒さんによって入会時のレベルが違います。

自分が理解できるレベルの講座を選択してください。

講師(インストラクター)の説明方法はどうか

わからないことは講師(インストラクター)に質問できることがパソコン教室のメリットの一つです。

講師(インストラクター)は生徒さんごとに説明を変え、分かりやすく説明しています。

しかし、どうしても理解できないこともあります。

自分にとって講師(インストラクター)の説明はわかりやすいかどうか確認してください。

自宅や職場からのアクセスはどうか

パソコン教室には一定期間通っていただかなければ、パソコンを覚えることはできません。

自宅から職場から通っても負担にならないかどう確認してください。

無料体験レッスンについてはこちらを参考にしてください。

今回の記事のまとめ

今回は50代からパソコンの勉強を始める方法について解説しました。

今回の記事を参考にしてください。