最近、副業ブームが続いていますよね。

経済もあまりよくなく、収入が上がらないという声も多く聞かれる中で、副業で収入を増やそうという広告や求人が多く見られます。

中には

「パソコンが得意だから、副業はパソコン教室で働けたらな」

という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、パソコン教室で副業ができるのかどうかについて、調べてみました。

副業で働くのがOKなパソコン教室もある!

一般的にパソコン教室と言えば、個人経営の教室や、ショッピングモールに入っているような教室を思い浮かべますよね。

そのようなパソコン教室の求人は、多くはパート社員・アルバイトでの募集がほとんどで、正社員での求人を見かけることは少ないです。

ということは、逆に少ない曜日・時間での勤務を求めているところもあるので、パソコン教室は副業で働きやすい環境であることは間違いありません。

実際に求人サイトで「週1、2回」「副業OK」といったような条件で検索をかけると、いくつか副業をOKにしているパソコン教室が出てくるでしょう。

また、実際には「副業OK」と書いていなくても、気になる場合は問い合わせてみると良いでしょう。

自分でパソコン教室を開くのは…?

「いっそ自分が事業主になってしまえ!」

と自らパソコン教室を開いてしまおうとする方も中にはいらっしゃるかもしれません。

ただ、「開業」となってくると、その分、リスクが出てくることも…。

例えば、教室を開くならばレンタルスペース代もかかりますし、パソコンなどの機器類の用意は勿論、生徒さんを集めるのであれば広告を出したりもしなければなりません。

そういった「初期投資」のお金が必ずかかり、そしてそれは必ずしも帰ってくるお金ではないのです。

生徒さんの集まりが悪い場合は、最悪の場合、元のお金を回収できないこともありえます。

また、広告などの宣伝がうまくいったとしても、自分ひとりですべての事柄に対応する必要があります。

あらかじめ覚悟はしていたとしても、なかなか難しいものです。

今までインストラクターを仕事でしてきた人ならば、ある程度の対応力はあるでしょうが、全く未経験の方であれば、よほどの覚悟と問題解決への熱量が必要になってきます。

パソコンインストラクターと経営者を兼ねるのであれば、

  • カリキュラム、授業計画の作成
  • 授業のバリエーションを増やす
  • 実際に仕事で使う実務知識を知っておく
  • 教室経営、教室事務をこなす
  • パソコントラブルへの対応もある程度できるようになる

などなど、求められることが非常に多岐にわたります。

そのため、よほど多分野にたけた方、教えるということに経験が豊富な方でない限り、パソコン教室を開業することはおすすめできません。

インストラクターとして教室やオンラインで働くのがオススメ

それでも副業で、パソコンインストラクターをしたいと考えられている方には、先述した通りどこかの教室で副業をするか、もしくは、オンラインでの指導の求人に応募してみるのが良いでしょう。

これらの求人であれば、今までインストラクターをしたことがない方でも、周囲の先輩がサポートしてくれたり、研修等で期間をもらえたりするので、その間に最低限のスキルは身につけることができるでしょう。

ただ、インストラクターの仕事を副業として継続していくのであれば、やはり常に勉強が求められますので、自分自身をブラッシュアップしていく意識が必要になってきます。

それができる方であれば、副業としてインストラクターをされても問題はないでしょう。

最後に

副業で働けるパソコン教室があるのかについてお伝えしてきました。

検討されている方がいらっしゃいましたら、筆者の独自目線が強い記事ではありますが、参考にしていただけましたら幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。