大学や仕事で、パソコンが必要になり、「いざ!」と家電量販店に行っては見るものの、「店員さんに何を聞いたらいいのか分からない…」「色々ありすぎて、何を買えばいいの?」など、心配になることはありませんか?

そこで今回は、Windowsパソコンを購入する際に確認しておくポイント、購入で悩みやすいポイントをご紹介します!!

購入したいパソコンを決める前に!あなたはどっちのタイプ?

新しくパソコンを購入したいけれども、何を購入すればいいか全く分からないというあなた。
まずは、自分がどちらのタイプであるかを考えてみましょう。
A.「インターネットや文書作成程度のことができたらいいなぁ」
B.「画像や動画の編集、ゲームなどもがっつりしたい」
この2つのタイプによって、あなたが購入するべきパソコンの性能が大きく変わってきます。
まず、Aタイプのあなた
パソコンと分析資料のイメージ図
購入されるパソコンの性能は、このくらいのものがよいでしょう。
CPU(パソコンの頭脳部分)…Corei3(コア・アイスリー)かCorei5(コア・アイファイブ)のもの
メモリ(パソコン内の作業台のような役割)…最低4GB~8GBのもの
SSD(パソコン内でデータを記憶する部分)…250GB程度
この程度のものであれば、普段使う際には問題なく動作するでしょう。
一方でBタイプのあなた
パソコンで動画編集をしているイメージ図
購入するパソコンの性能は、最低でもこのくらいあった方がいいでしょう。
CPU(パソコンの頭脳部分)…Corei7(コア・アイセブン)のもの
メモリ(パソコン内の作業台のような役割)…最低16GB~32GBのもの
SSD(パソコン内でデータを記憶する部分)…250GB~500GB程度
この程度のものであれば、動画編集、画像編集等高機能を必要とする作業でも、パソコンが固まらずに動作するでしょう。
また、動画や画像の保存はパソコン内にするよりも、外付けのハードディスク等にする方がパソコンがスムーズに動くかと思います。
以上のような、自分の使用用途に合った要件を覚えておくと、パソコンが選びやすいでしょう。

どのメーカーがいいのか

日本と海外(アメリカ)のイメージ
昔は、「NECや富士通が国産だからいい!」といったような声も聞かれました。
今はどうかといいますと、正直なところ国産メーカーや海外メーカーでそんなに差は見られないと思います。
例えば、最近世界的シェアが増加しているLenovoは、2011年頃からNECを傘下にし、2018年には富士通と事業統合も行ったことでも知られています。
このような事例から見ても、海外メーカーと日本メーカーのパソコンは性能面ではそんなに変わりがないと思われます。
そのため、ある程度自分で操作に自信のある方は、海外メーカーのパソコンを購入されても問題はないでしょう。
ただ、日本のメーカーの方がアフターケアはしっかりしているのも事実ですので、操作に不安がある方は日本製にしておいてもよいかもしれません。

ノートパソコンかデスクトップか

ノートパソコンのイラスト

 

これは、断然ノートパソコンを選ぶことをお勧めします。
昔は、デスクトップとノートパソコンの性能に差があるとよく言われていましたが、近年はあまり違いがなくなってきているようです。
がっつり動画・画像編集や高画質のゲームをするのでしたら、デスクトップにしてもいいでしょうが、インターネットサーフィン程度の日常使いであれば、ノートパソコンの方が扱いやすいでしょう。
デスクトップと違って配線が少なめですので、携帯したり、修理に出したりも簡単にできるなど、メリットが大きいです。

価格は大体どのくらいか

価格のイメージイラスト
現在新品のもので、大体以下のようなものになります。
  • Corei3搭載のパソコン…最低7,8万程度から
  • Corei7搭載のパソコン…最低10万+αから
販売している場所や、商品自体に搭載されているものによっても変わってきますので、少し予算は余裕を見ておいた方がよいでしょう。

最後に

パソコンを購入する際に、頭に入れておくべきポイントと、パソコンの性能にかかわる要件についてお伝えしました。
値段だけではなく、しっかりご自身が使いやすく、用途に合ったようなパソコンを是非とも選んでいただけると嬉しく思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。