今回は、PowerPointのグリッド線について解説します。

PowerPointのグリッド線とは

PowerPointの「グリッド線」とは、スライド上に表示される方眼紙のようなマス目の事です。

テキストボックスや画像、図形などのオブジェクトの上や横の位置を揃えて配置するのに便利な機能です。

また、テキストボックスや画像、図形などのオブジェクトのサイズを揃えるときにも使えます。

スライド上に表示する線には、「ガイド」という線もあります。

「ガイド」は、スライドを4分割にする線です。

「グリッド線」も「ガイド」も画面上に表示されますが印刷されません。

PowerPointのグリッド線の表示方法

PowerPointのグリッド線を表示する手順は、次のとおりです。

  • 「表示」タブをクリックする
  • 「表示」グループの「グリッド線」の左横の「□」をクリックして「✓」を付ける

「✓」が付けばグリッド線が表示されます。

ガイドを表示する手順は、次のとおりです。

  • 「表示」タブをクリックする
  • 「表示」グループの「ガイド」の左横の「□」をクリックして「✓」を付ける

「✓」が付けばガイドが表示されます。

PowerPointのグリッド線の間隔を変更する方法

PowerPointのグリッド線の間隔を変更することができます。

PowerPointのグリッド線の間隔を変更する手順は、次のとおりです。

  • 「表示」タブをクリックする
  • 「表示」グループの右下の矢印(ダイアログボックス起動ツール)をクリックする
  • 「グリッドとガイド」ダイアログボックスが表示される
  • 「グリッド設定」の「間隔」から選択する。

グリッド線の間隔が変更されます。

「グリッドとガイド」ダイアログボックスは、右クリックで表示させることもできます。

グリッド線は、画面の表示倍率によって正しく表示されない場合があります。

正しく表示されないときは、表示倍率を変更してください。

グリッド線に合わる方法

テキストボックスや画像、図形などのオブジェクトの位置をグリッド線に合わせることができます。

テキストボックスや画像、図形などのオブジェクトの位置をグリッド線に合わせる手順は、次のとおりです。

  • 「表示」タブをクリックする
  • 「表示」グループの右下の矢印(ダイアログボックス起動ツール)をクリックする
  • 「グリッドとガイド」ダイアログボックスが表示される
  • 「位置合わせ」の「描画オブジェクトをグリッド線に合わせる」の左横の「□」をクリックして「✓」を付ける

結論:グリッド線は図形などを揃えるのに便利

今回はPowerPointのグリッド線の使い方について解説しました。

参考にしてください。

他にもこんな記事が読まれています