パソコン未経験者が事務の仕事に就職したい場合、パソコンスキルを身につけるために独学するかパソコン教室に通うか迷っているのではないでしょうか・
今回は、パソコン未経験が事務の仕事に就職する方法を紹介しています。

事務に就職するならパソコン教室に通う方がいいか

事務の仕事に就職するためにパソコンを勉強するならパソコン教室に通うことをお勧めします。
パソコンスキルは事務の仕事に必須です。
確かに、独学でパソコンの基本操作は学ぶことはできます。
しかし、パソコン教室のメリットを活用することで短期間に基本操作を学ぶことができます。
事務の求人は、いつ募集があるかわかりません。
基本操作を身につけるのに時間がかかっていると、応募できません。
だから、短期間で身につけられるパソコン教室をお勧めします。

パソコン教室のメリット

パソコンの勉強を今から始めようとする人は、何をすればいいかわからないのではないでしょうか。
テキストを選んでいる間に時間が過ぎていきます。
パソコン教室のメリットは、教室がカリキュラムを組むことです。
あなたが考えなくても教室が目的に応じたカリキュラムを組みます。
勉強中、わからないことをインターネットやテキストで解決できますか。
わからないことを聞ける家族や友人、同僚がいますか。
何度も聞くことに気を使いませんか。
パソコン教室にはインストラクターがいます。

わからないことはすぐに解決できます。

また、何度でも聞くことができます。
その他のパソコン教室のメリットは以下のとおりです。

  • 短期間で学べる
  • パソコンに触れる機会が増える
  • パソコンが不要パソコンを持っていなくても学べる

詳しくは、「パソコン教室のメリットとは|早く目的を達成するためには」をお読みください。

基本操作とは

求人票に書かれている基本操作とは、主に以下のような操作です。

エクセル

  • ブック(文書)の作成、編集、ブックの保存・上書き保存
  • 文字の入力・改行・装飾(文字の入力、「太字・下線・囲み線・文字色の変更、左・中央・右揃え」等の装飾)
  • シートの管理(新規シートの作成、既存シートのコピー、シートの移動等)
  • 表(表の作成、行・列の追加、セルの結合、罫線の追加・削除)
  • ページ・印刷設定(余白、用紙サイズ、印刷の向き、印刷の微調整等)

詳しくは、「エクセル(Excel)の基本操作ってどこまで?|求人必須スキルを簡単チェック」をお読みください。

ワード

エクセルの基本操作とは、主に以下のような操作です。

  • 文書の作成、編集、文書の保存・上書き保存
  • 文書の入力・装飾(文字の入力、「太字・下線・囲み線・文字色の変更、左・中央・右揃え」等の装飾)
  • 表(表の作成、行・列の追加、表のセルの結合、罫線の追加・削除)
  • 図形・写真(図形・写真の挿入・移動・サイズ変更・削除)
  • 用紙設定(余白、用紙サイズ、印刷の向き等)
  • 印刷

詳しくは、「ワード(Word)基本操作ってどこまで?|求人必須スキルを簡単チェック
」をお読みください。

いつ応募できるか

パソコンの操作方法をすべてマスターできません。
スキルがある人も、わからないことを調べながら使っています。
だから、身についてから応募するということはできません。
勉強しながら応募はできます。
学習途中でも構いません。
面接では、現在の状況、スキルなどを説明してください。

自信がない人は

基本操作に自信がない人は、MOSなどの資格試験を受ける方法があります。
資格試験の合格は、パソコンのスキルを証明します。
履歴書にも記載することができます。
面接官は、資格試験であなたのスキルがわかります。
自信がない人は、資格試験の目指してください。
パソコン教室のMOS講座の内容については、「パソコン教室のMOS対策講座とは」をお読みください。

まとめ

今回は、事務に就職するならパソコン教室に通う方がいいかどうかについて紹介しました。
ポイントは、募集のタイミングに応募するためには短期間で身につけることです。
今回の記事を参考にして勉強を始めてください。