パソコン初心者が一般事務の仕事に就職したい場合、パソコンスキルを身につけるために独学するかパソコン教室に通うか迷っているのではないでしょうか・
今回は、パソコン未経験が一般事務の仕事に就職する方法を紹介しています。

事務はパソコン教室でスキルを習得できるか

一般事務の仕事に就職するためにパソコンを勉強するなら、パソコン教室に通うことをおすすめします。

パソコンスキルは一般事務職だけではなく経理、医療事務などの専門的な知識が必要である事務職に必須です。

確かに、独学でパソコンのスキルを習得できます。

しかし、パソコン初心者が事務職に就職や転職をする場合、早くパソコンのスキルを習得したいのではないでしょうか。

パソコン教室のメリットを活用することで短期間にパソコンのスキルを習得できます。

企業からの事務の求人は、いつ募集があるかわかりません。

パソコンのスキルを習得することに時間をかけられません。

だから、短期間で身につけられるパソコン教室をおすすめします。

パソコン教室のメリットとは?

パソコンの勉強を今から始めようとする人は、何をすればいいかわからないのではないでしょうか。
テキストを選んでいる間に時間が過ぎていきます。
パソコン教室のメリットは、教室がカリキュラムを組むことです。
あなたが考えなくても教室が目的に応じたカリキュラムを組みます。
勉強中、わからないことをインターネットやテキストで解決できますか。
わからないことを聞ける家族や友人、同僚がいますか。
何度も聞くことに気を使いませんか。
パソコン教室にはインストラクターがいます。

わからないことはすぐに解決できます。

また、何度でも聞くことができます。
その他のパソコン教室のメリットは以下のとおりです。

  • 短期間で学べる
  • パソコンに触れる機会が増える
  • パソコンが不要パソコンを持っていなくても学べる

詳しくは、こちらをお読みください。

事務職に必要なパソコンスキルとは

事務職に必要なパソコンスキルとは、マイクロソフトオフィス製品を利用できるスキルです。

主に次のような操作ができることです。

エクセル

  • ブック(文書)の作成、編集、ブックの保存・上書き保存
  • 文字の入力・改行・装飾(文字の入力、「太字・下線・囲み線・文字色の変更、左・中央・右揃え」等の装飾)
  • シートの管理(新規シートの作成、既存シートのコピー、シートの移動等)
  • 表(表の作成、行・列の追加、セルの結合、罫線の追加・削除)
  • ページ・印刷設定(余白、用紙サイズ、印刷の向き、印刷の微調整等)

詳しくは、「エクセル(Excel)の基本操作ってどこまで?|求人必須スキルを簡単チェック」をお読みください。

ワード

  • 文書の作成、編集、文書の保存・上書き保存
  • 文書の入力・装飾(文字の入力、「太字・下線・囲み線・文字色の変更、左・中央・右揃え」等の装飾)
  • 表(表の作成、行・列の追加、表のセルの結合、罫線の追加・削除)
  • 図形・写真(図形・写真の挿入・移動・サイズ変更・削除)
  • 用紙設定(余白、用紙サイズ、印刷の向き等)
  • 印刷

詳しくは、「ワード(Word)基本操作ってどこまで?|求人必須スキルを簡単チェック
」をお読みください。

求人募集にいつ応募できるか

パソコンの操作方法をすべてマスターできません。
スキルがある人も、わからないことを調べながら使っています。
だから、身についてから応募するということはできません。
勉強しながら応募はできます。
学習途中でも構いません。
面接では、現在の状況、スキルなどを説明してください。

パソコンのスキルに自信がない人は

パソコンのスキルに自信がない人は、MOSなどの資格を取得する方法があります。
資格の取得は、パソコンのスキルを証明します。
履歴書にも記載することができる資格もあります。
会社は、採用する人にはエクセルやワード、パワーポイントの基本操作ができることを求めています。
面接官は、資格試験であなたのスキルがわかります。
自信がない人は、資格試験の目指してください。
パソコン教室のMOS講座の内容については、「パソコン教室のMOS対策講座とは」をお読みください。

パソコンを使った業務の経験がない人にも、MOS資格の取得をおすすめします。
企業は、採用試験の応募者のパソコンのスキルの判断を職務経歴か資格で判断します。
パソコンを使った業務の経験がなくても大丈夫です。
MOS資格は、事務職に必須のエクセル(Excel)やワード(Word)、パワーポイント(PowerPoint)、アクセス(access)の利用スキルを証明します。
MOS資格は、実際にパソコン上で操作する実技試験です。
資格試験の対策学習することで、エクセル(Excel)やワード(Word、パワーポイント(PowerPoint)、アクセス(access)の実務力を習得できます。
現在、エクセル(Excel)やワード(Word、パワーポイント(PowerPoint)、アクセス(access)を使える人にとって、スキルアップに役立ちます。
会社での事務職の経験がなくても、MOS資格を取得することで仕事での資料作成などができるレベルのスキルは習得できています。

無料体験レッスンは必ず利用する

パソコン教室を利用する前に無料体験レッスンの利用をおすすめします。
インターネットのホームページや口コミの情報もありますが、実際にレッスンを体験してください。
当教室では、無料料体験レッスンの前にカウンセリングを実施しています。
カウンセリングの目的は、2つです。

  • 入会希望者の疑問点を解決すること
  • 入会希望者の目標や目的を把握すること

生徒さんに安心して入会していただくため、疑問点をすべて解決しています。
カウンセリングでは、不安なことや疑問なことを担当カウンセラーに聞いてください。

生徒さんの目標や目的を最短で達成していただくために、パソコンを勉強する目的や目標、通学できる回数などを聞かせていただいています。
カウンセリングを通して、あなたに目的や目標にあったカリキュラムを提案させていただいています。
カウンセリングの後、無料体験レッスンを実施します。

無料体験レッスンで確認していただきたい主な内容を記載しておきます。
(一例です。)

  • 講座が自分の学びたい内容になっているか
  • 授業の形式はどうか
  • インストラクターの教え方や説明はわかりやすいか
  • 自宅や職場からのアクセスはどうか
  • 車で通う人は、駐車場はあるか
  • 電車で通う人は、駅に近いか
  • 自分が通うことを考えている時間帯の他の生徒さんはどんな生徒さんか

無料体験レッスンについては、こちらを参考にしてください。

結論:教室なら短期間で習得できる

今回は、事務に就職するならパソコン教室に通う方がいいかどうかについて紹介しました。
ポイントは、募集のタイミングに応募するためには短期間で習得することです。
今回の記事を参考にして勉強を始めてください。

他にもこんな記事が読まれています