今回は、パソコン教室のマンツーマンレッスンを紹介します。

パソコン教室のマンツーマンレッスンとは

パソコン教室のマンツーマンレッスンとは、生徒一人に対し、インストラクターが一人専属で教える授業形式を言います。

個人レッスン、個人指導、プライベートレッスンなど教室によって呼ばれ方は異なります。

教室型や個別指導では、生徒複数人に対し、インストラクターが一人で教えています。

だから、インストラクターを独占することはできません。

テキストや動画を自分で進みながらわからないところを聞くという形式の授業には向いています。

マンツーマンレッスンは、短期間で学びたい場合には有効な授業形式です。

また、仕事などでわからないところや改善したいところなどの急な案件やピンポイントな案件にも向いている授業形式です。

例えば、仕事などで使用しているエクセルやワード、パワーポイントなどを改善したい

ZOOMなど今まで使ったことがないことを短期間に学びたい

パソコンへの苦手意識が強いので、テキストではなくインストラクターから直接操作方法を学びたい

そのような人は、マンツーマンレッスンを活用してください。

マンツーマンレッスンを有効に活用する方法は

マンツーマンレッスンを有効に活用する方法は、わからないところをまとめておくことです。

入会されている生徒さんより授業料は高くなっています。

限られた時間内でより多くの課題を解決してください。

そのために、事前に学びたいことをまとめておいてください。

また、予約時に内容を教室にお伝えいただくことで、専門のインストラクターを準備することができます。

頻繁に利用する機会があるのであれば、入会する方がお得になる場合がありますので教室に相談してください。

パソコン教室の授業形式は

その他の授業形式の代表的なものは、以下の通りです。

  • 一斉授業
  • 動画・映像授業
  • 個別指導
  • マンツーマン指導

一斉授業では、数人の生徒に対し、1人のインストラクターが教えます。

動画・映像授業では、生徒は各自、動画などを見て操作方法を学びます。わからないことがあれば、インストラクターに質問します。

個別指導では、複数の生徒に対し、一人のインストラクターが教えます。

授業形式によって、月謝、通学日時、カリキュラムなどが変わってきます。

あなたがパソコンスキルを身につける目的や自分の学習スタイルにあわせて選択してください。

マンツーマンレッスンのメリットとは

マンツーマンレッスンのメリットは以下のとおりです。

  • 入会していなくても学べる
  • インストラクターを独占できる
  • テキストを読んだり動画を見なくても学べる
  • 質問の内容に詳しいインストラクターが指導する

自分がパソコンを学ぶ目的などにマンツーマンレッスンのメリットを活かしてください。

デメリット

マンツーマンレッスンのデメリットは以下のとおりです。

  • 入会している生徒より割高
  • 普段、教室を利用していないので指導方法などがわからない

マンツーマンレッスンの授業料は

当教室の授業料などは、以下の通りとなっています。

授業料    11,000円(税込)

授業時間              30分

当日対応で急なレッスン依頼の場合は、レッスン代金に3,300円(税込)加算となります。

当教室のマンツーマン講座の詳細はこちらをお読みください。

今回の記事のまとめ

今回は、パソコン教室のマンツーマンレッスンについて紹介しました。

パソコン教室を活用することで短期間に目的を達成することはできます。

そのためには、パソコン教室を理解することが必要です。

今回の記事を参考にパソコン教室を有効に活用してください。