パソコンスキルを証明する資格として人気のMOS試験。

受験する人の中には、パソコン教室に通わずして合格したいと考える人もいるかと思います。

パソコン教室に通いたくないけれども、一人で勉強するのが不安という方に、現在人気になっているのがYoutubeにあるMOS解説動画。

いくつかのチャンネルが「MOS試験は一体どういうものなのか」「試験範囲はどういったものなのか」といったところから各問題の解き方までしっかり解説しているところもあります。

今回は、そんなYoutubeの動画だけで、独学でMOS資格に合格できるかどうかについて、実例を交えて解説をしていきたいと思います。

Youtube講座だけでのMOS合格はハードルが高め

Youtube講座だけでのMOS合格は不可能とは言いませんが、かなりハードルが高いと言えます。

メインの学習教材として使うのであれば、Youtube動画は有効ではあるので、試験の概要を把握したり、自分の中の基礎を作っていくという作業にはバッチリでしょう。

Youtubeに上がっているMOS対策動画の中には、パソコン教室のインストラクターや現役の試験官の方を名乗る方があげたものもあったりします。

そういった肩書きも重視したうえで、視聴する動画を選ぶのがおすすめです。

パソコン教室にお金がなくて通えなかったり、単に行くのがバカバカしいと思われたりする方は、Youtube講座から始めてみるというのもよいかもしれません。

しかしながら、動画だけで試験範囲のすべてを網羅できるかと言われればそれは違います。

試験に合格するのには基礎知識だけではなく、

  • 試験の傾向
  • 問題の出題文の感じ

をつかんでおかなければいけません。

そこまで解説してくれている動画も中にはあるでしょうが、これらは自分が実際に対策をして自分の感覚として身に着けておいたほうが断然よいと言えます。

足りないところは模擬試験で補充を!

それらの足りない点を補う役目が「模擬問題(模擬試験)」と言われる対策アイテム。

MOS資格の対策テキストがいくつかの出版社から発売されていますが、その対策テキストについているのが模擬問題です。

この模擬問題を実際に通っておくことで、

  • 試験のソフトの操作のやり方(類似性があるので、本番で戸惑わない)
  • 試験時間を体感でき、時間の使い方を身に着けられる
  • 問題文の意図や特徴をつかむことで、何を聞かれているかを理解できるようになる

といった点で有利になることができます。

座学を学んでおいて(Youtube講座)、それから実技を身に着ける(模擬問題)ことで、試験でも余裕をもって問題を解くことができるでしょう。

特にMOS試験を始めて受験するという方は、なおさら模擬試験を解いておくことをおすすめします。

実際に合格できるの?

YoutubeでのMOS講座をメインに勉強して、実際に合格できるのかというところに不安を感じられる方は多いと思います。

先ほど、「ハードルは高め」と筆者はお伝えしましたが、それはあくまでYoutube講座だけで試験に臨んだ場合です。

また、ご自身が受けようとしている科目のソフトをある程度使えるのならば、合格は遠くありません。

実際に筆者の友人は、Youtube講座をメインで学習してMOS Excelのスペシャリストに合格したうちの一人です。

普段から、仕事で使うエクセルのレベルは、簡単な表を作成したり、収支報告書(お金の計算)を作成したりという感じのもの。

知っている関数もSUMやAVERAGE程度だったそうです。

ですので、お仕事や学校でWordやExcel、PowerPointなど、ご自身がソフトを最低限使える状態であるのならば、Youtube講座で勉強し始めるのは現実的に考えても大丈夫でしょう。

そして、できるのであれば模擬試験もしっかり解いておくと、合格には近くなります。

どれくらいで合格できる?

筆者の友人は、詰め込みに詰め込みを重ねて1週間で勉強して合格をしました。

「無茶だろ!」

という声が出てもおかしくありませんし、その通りです。

友人は犠牲にするものをすべて犠牲にしての1週間で合格をしたからです。

また、友人は元々勉強上手で、段取り上手なところもあるため、今回こんな短期間で合格ができたと筆者は考えています。

もしご自身がもう少し試験勉強に時間をかけられるのであれば、2か月程度見込んでいただくのも悪くはありません。

もちろん、足りなければ3か月や半年、1年…と期間を延ばすのも結構です。

受験料は割引なしで受験すると1万円を超えます。

再受験をするとお財布にも痛いです。

そのため、自分が確実に合格するような勉強期間、目標の設定をされることをおすすめします。

最低限ソフトの知識は必要

声を大にしてお伝えしておきたいのですが、このMOS試験、勉強を始めるのに

「まったくWord(Excel、PowerPoint)使ったことない、えへへ」

という人は、いきなりYoutubeの講座で勉強を始めるのはお勧めしません。

なぜかと言いますと、全くついていけないからです。

例えば、

  • Word…かんたんな文章を作成する(字だけでもOK)
  • Excel…計算機能を使ったり、データの管理をしたりする
  • PowerPoint…簡単な発表(字と絵だけ入れる程度の)をしたことがある

というように、そのソフトの使用用途を実際に使って体験したり、どのような流れでソフトを使っていくのかということを体感で分かっていないと、説明についていけない場合があります。

「このソフトって大体こういう使い方をするものだよね」

「詳しいメニューは触ったことがないけれども、入力して、デザインして、印刷すればいいでしょ?」

という大雑把な流れがわかっていないと、話にならないのです。

これらのソフトを全く触ったことがなく、どんなソフトかも大体わからないといった方は、まず、ソフトの簡単な使い方から学ぶようにしましょう。

MOS対策でパソコン教室に行くのは恥ずかしいことではない

よくインターネット上で

「MOS対策でパソコン教室に通うのは金の無駄」

「自分で勉強できて合格できるから、試験も簡単に受けられる」

といった記述がみられます。

確かに、そのように思われる方も実際いらっしゃいますし、そのように思えるレベルの実力者であるということなのでしょう。

けれども世の中、すべての人がとある一つのことを同じレベルでできるわけではありません。

ソフトの使い方にしたって、本を読めばできてしまう方もいれば、全く何を書いているかわからない方もいらっしゃったりします。

ですから、MOS試験だって

「簡単じゃん、楽勝!」

といえてしまう人もいれば、

「何これ…一人でできない…」

という人だっているわけです。

自分が一人でできたり、理解できたりするのならば、独学でも十分です。

けれども、一人で勉強してもわからなかったり不安だったりする方は、パソコン教室に行かれるというのも一つの選択肢です。

何も、パソコンの入門から資格の取得まで、ずっとパソコン教室に通えというわけではありません。

基礎だけ知りたいのであれば、基礎だけ習ってからMOSは独学で勉強してみるのも一つです。

一方で、基礎から試験勉強まで不安なのであれば、ずっとパソコン教室に通われるのも悪くありません。

一人でずっとわからないと悩むよりは、はるかに時間の節約になります。

そのように、自分に合った勉強の方法で資格取得を目指されてはよいのではないでしょうか。

〇このブログ記事のまとめ〇

MOS資格を独学で取得するのに、Youtubeに上がっている講座は効果的かどうかについて詳しく解説をしてきました。

昔に比べると、試験の勉強ツールも幅広くなりました。

自分に合った勉強方法、ツールを選んで、MOS資格取得を目指していただけると嬉しく思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。