パソコンスキルを独学で身につけた人の話を聞いたり、見たりするとパソコン教室は必要ないのではと思うのではないでしょうか。

しかし、パソコン教室が必要な人もいます。

今回は、パソコン教室が必要な人と不要な人について紹介します。

もくじ

パソコン教室が必要な人と不要な人の違い

パソコン教室が不要な人とは

パソコン教室が不要な人とは、わからないところを自分で解決できる人です。

パソコン教室と独学では勉強方法は同じです。

独学とパソコン教室の違いの一つは、講師(インストラクター)に質問できるかどうかです。

パソコン教室のデメリットの一つは、お金がかかることです。

だから、わからないところを自分で解決できる人にとって、パソコン教室に通うことは費用の無駄、意味がないと感じるのではないでしょうか。

パソコン教室が必要な人とは

パソコン教室が必要な人とは、わからないところを自分で解決できない人です。

パソコンの勉強をしているとわからないところは必ず出てきます。

わからないところを解決する方法は、

  • 本で調べる
  • インターネットで検索して調べる
  • パソコンに詳しい家族や友人、職場の同僚に聞く

などがあります。

しかし、

  • わからないところをインターネットで検索してが求めている答えが見つからない
  • インターネットに書かれている説明が理解できない
  • 職場の同僚が忙しいの聞きづらい

などの理由で、わからないところを自分で解決できない人がいます。

わからないところを解決できないとパソコンの基礎知識や基本操作を習得することが出きません。

わからないところを解決できないため、パソコンを難しく感じ、嫌になります。

そのために、パソコンの勉強を挫折する人がいます。

パソコン教室のメリットの一つは、わからないころを講師(インストラクター)に聞いて解説することができることです。

だから、わからないことを自分で解決できない人にとってパソコン教室は必要です。

パソコン教室とはどんな場所か

パソコン教室とは

  • 講師(インストラクター)にわからないところを聞ける
  • 豊富な講座が用意されている
  • パソコンを持っていなくても基本操作を学べる

場所です。

レッスンスタイルは違っても同じです。

講師(インストラクター)にわからないところを聞ける

勉強中のわからないところは講師(インストラクター)に聞けます。

テキストの説明や使い方がわからなくてもすぐに解決することができます。

だから、効率よく勉強することができます。

時間を無駄にすることはありません。

豊富な講座が用意されている

パソコン教室では目的やレベルに応じた講座を用意しています。

就職や転職が目的であれば、ビジネスでは必須のエクセル(Excel)やワード(Word)、パワーポイント(PowerPoint)の講座があります。

パソコンの資格を取得することを目指すのであれば、資格取得対策講座があります。

豊富な講座から自分の目的に合った講座を選択することができます。

自分にはどの講座があっているのかがわからない人には、提案も可能です。

パソコンを持っていなくても基本操作を学べる

これからパソコンを始めようと思っている人は、パソコンを持っていないということが多いのではないでしょうか。

パソコン教室では、教室のパソコンを使って勉強ができます。

パソコンを持っていなくても勉強できます。

無料体験レッスンを利用する

パソコン教室入会前に無料レッスンの利用をおすすめしています。

インターネットの情報だけではなく、実際にレッスンを受講しパソコン教室とはどんなところかを知ってください。

無料体験については、こちらを参考にしてください。

パソコン教室は何するところか

パソコン教室は、独学できない人がパソコンなどの操作方法や楽しさを学べるところです。

だから、独学できる人はパソコン教室の利用はおすすめできません。

当教室で学べる主なものは、以下のとおりです。

  • 基本操作

パソコンの基本的な操作を電源の入れ方から学べます

  • インターネット

検索方法やよく使われるサイトの使い方などを学べます

  • メール

送り方や資料の添付など、仕事で必要な使い方を学べます

  • ファイル管理

文書、資料などの保存する場所を作成することなどを学べましす

  • ワード

基本的な文書の作成やラベルや名刺の作成などを学べます

  • パワーポイント

プレゼン資料を制作、スライドショーなどを学べます

  • エクセル

基本的な入力や帳票の作成、関数、グラフの作成などを学べます

  • Zoom(ズーム)・Skype(スカイプ)

テレワークに必須となったテレビ通話の使い方を学べます

詳しくはこちらをお読みください。

独学できる人

独学できる人は、以下のような人です

  • 学ぶテキストやインターネットのサイト、動画を自分で選べる
  • テキストなどの説明が理解できないとき、わからないことを自分で解決できる

学ぶテキストやインターネットのサイト、動画を自分で選べる

パソコンスキルは、テキストやインターネットのサイト、動画を見て身につけることはできます。

独学用の教材はたくさんあります。

パソコンの勉強は自分にあった教材探し方始まります。

自分にあった教材を見つけられ人は独学できます。

テキストなどの説明が理解できないとき、わからないことを自分で解決できる

パソコンの勉強は、パソコン使いわからないところを解決することの繰り返しです。

分からないところは、テキストを読んだりインターネットで調べたりすることで解決できます。

また、家族や友人、同僚に聞くことで解決することができます。

そのような方法を使い、わからないことを解決できる人は独学できます。

独学できない人

独学できない人は、以下の人です。

  • 自分のパソコンを持っていない人
  • 何を勉強していいかわからない人
  • わからないところを聞ける友人や同僚、家族がいない人
  • わからないところを自分で調べて解決できない人

独学できない人は、パソコン教室のメリットを活かすことで短期間にパソコンスキルを身につけることができます。

パソコン教室のメリットについては、「パソコン教室のメリットとは|早く目的を達成するためには」をお読みください。

パソコン教室でできることは

パソコン教室でできることは、短期間で目的に応じたスキルを身につけることができることです。
パソコン初心者は、何を勉強していいかわからないのではないでしょうか。
パソコン教室では、目的に応じたカリキュラムを組みますのですぐに勉強を始められます。
わからないところをテキストやインターネットで解決できますか。
家族や友人、同僚に聞ける人はいますか。
何度も聞くことに気を使いませんか。
パソコン教室にはインストラクターがいます。
インストラクターに聞けば、わからないことはすぐに解決します。
パソコンキルを身につける目的の一つは就職のためではないでしょうか。
エクセルやワードの基本操作が条件となっている求人票が多くなっています。
事務の仕事ではパソコンスキルは必須です。
募集はいつあるかわかりませんので、パソコンスキルは短期間で身につけなければなりません。
これらのメリットを活かして短期間で目的に応じたスキルを身につけてください。

パソコン教室のメリット

パソコン教室に通うことのメリットは、次の5つです。

  • 短期間で学べる
  • わからないところを聞ける
  • 教室がカリキュラムを考える
  • パソコンに触れる機会が増える
  • 自分のパソコンが不要

確かに、独学でパソコンスキルを身につけることはできます。
テキスト、インターネット、動画などが多数ありますので自分に合ったものを見つけることができます。
しかし、短期間でパソコンスキルを身につけるのであれば、パソコン教室のメリットを活かしてください。
詳しくは、「パソコン教室のメリットとは|早く目的を達成するためには」をお読みください。

パソコン教室の授業形式

授業形式の代表的なものは、以下の通りです。

  • 一斉授業
  • 動画・映像授業
  • 個別指導
  • マンツーマン指導

一斉授業では、数人の生徒に対し、1人のインストラクターが教えます。
動画・映像授業では、生徒は各自、動画などを見て操作方法を学びます。わからないことがあれば、インストラクターに質問します。
個別指導では、複数の生徒に対し、一人のインストラクターが教えます。
マンツーマン指導では、生徒一人に対し、一人のインストラクターが教えます。
授業形式によって、月謝、通学日時、カリキュラムなどが変わってきます。
あなたがパソコンスキルを身につける目的や自分の学習スタイルにあわせて選択してください。

パソコン教室のメリットを活かせる人

パソコン教室のメリットを活かせる人は以下の人です。

  • 自分のパソコンを持っていない人
  • わからないところを聞ける友人や同僚、家族がいない人
  • わからないところを自分で調べて解決できない人

独学ができない人や独学で挫折した人はパソコン教室のメリットを活かしてパソコンスキルを身につけてください。

パソコン教室に通うことは無駄か

パソコンを独学で学習した人にとって、教室に通うことが無駄、意味ない、お金を払ってまで行くことに疑問を持つのではないでしょうか。

パソコン教室に通うことが無駄になる人と無駄にならない人がいます。

パソコン教室が無駄になる人とは

次の3つのことができる人は、パソコン教室に通うことが無駄になります。

パソコン教室で教えてもらう必要はありません。

  • 本に書いていることや動画で説明していることを理解することができる
  • インターネットで検索して、わからないことを解決することができる
  • 家族や友人、同僚にわからないことを聞くことができる

本に書いていることや動画で説明していることを理解することができる人は、無駄になります。

パソコンの本はレベル別でたくさん出版されています。

画像もあり詳しい説明になっています。

自分にあった本を買って、独学することができます。

インターネットで検索して、わからないことを解決することができる人は、無駄になります。

わからないことはインターネットで調べることはできます。

インターネットには、パソコンに関する情報が出ています。

自分で調べることができるのであればパソコン教室の講師に聞く必要はありません。

家族や友人、同僚にわからないことを聞くことができる人は、無駄になります。

パソコンに詳しい家族や友人、同僚に教えてもらえるのであればパソコン教室の講師に聞く必要はありません。

パソコン教室が無駄にならない人とは

パソコン教室のメリットの一つは、分からないことを聞けることです。

わからないことがすぐに解決できるので、短期間でパソコンの基本操作をマスターすることができます。

わからないことはインターネットで調べることができます。

インターネットは便利です。

しかし、検索するためのキーワードを初心者が選択することは簡単ではありません。

パソコン教室に通う目的は様々ですが、

  • 就職や転職
  • 資格取得
  • 仕事の資料作成

のために、Excel(エクセル)やWord(ワード)、PowerPoint(パワーポイント)などソフトを短期間で使えるようになりたいのではないでしょうか。

  • 本に書いていることや動画で説明していることを理解するのに時間がかかる人
  • わからないことを調べるのに時間がかかる人

は、パソコン教室に通っても無駄にはなりません。

パソコン教室の学習内容とは

パソコン教室では、パソコンの基礎的な知識、Excel(エクセル)やWord(ワード)、PowerPoint(パワーポイント)などソフトの基本操作を教えています。

また、資格試験対策も行っています。

指導方法は

  • 本に書いていることや動画の解説内容と同じようにパソコンを使う。
  • わからないことがあれば、講師に聞き解決する。

を繰り返しすることです。

最初は、本や動画がなければ操作をすることはできません。

繰り返すことで、本や動画がなくても自分で使えるようになります。

無料体験レッスンを利用する

パソコン教室に通うことに不安がある人は、無料体験レッスンを利用してください。

インターネットの情報だけではなく、学習の内容、講師の教え方、自宅からのアクセスなどを実際に教室に行って確認することができます。

希望に合わなければ、入会する必要はありません。

無料体験レッスンについては、「パソコンの無料体験を受ける時の内容|教室情報」を参考にしてください。

パソコン教室に通うことのメリットとは

パソコン教室に通うことのメリットは、短期間で目指す知識や技術が身につくことです。

パソコンを学ぶ目的は

  • 転職
  • 就職前にパソコン関連資格の取得
  • 仕事の資料作成
  • 趣味
  • スキルアップ

など生徒によってそれぞれ違います。

パソコン教室のデメリットの一つはお金がかかる点ですが、効率よく学ぶことで費用を抑えることはできます。

短期間で目指す知識や技術が身につけられる理由とは

短期間で目指す知識や技術が身につけられる理由は、以下の3点です。

  • 分からないところを聞ける
  • 多くのコースが用意されている
  • パソコンに触れる機会が増える

分からないところを聞ける

分からないことはインターネットなどで検索することは可能です。

また、市販されている本も多く、疑問点は自分で調べることは可能です。

しかし、パソコンを始めたばかりの人には、解決することは難しいのではないでしょうか。

教室では学習中に分からないことがでてきた時には、すぐに聞くことができます。

多くのコースが用意されている

独学でスキルを身につけたいが、何を勉強していいか、どのテキストを使えばいいかわからない人は多いのではないでしょうか。

教室には、豊富なコースが用意されています。

基礎から対応したコース

Word(ワード)やExcel(エクセル)、PowerPoint(パワーポイント)などの基本操作に対応したコース

資格試験対策に対応したコース

あなたが目指す目標にあったコースを見つけることができます。

PCに触れる機会が増える

生徒さんでも教室以外でPCのスイッチを入れる人は少ないです。

教室は、PCに触れる場所です。

操作の回数を増やせば、短期間で自然に覚えられます。

パソコン教室のメリットを活かすためには

教室のメリットを活かすためには、無料体験を受けることをおすすめします。

ホームページの案内を読んだり電話で問い合わせたりするのではなく、実際に行ってしっかり確認してください。

不明な点は直接聞いてください。

主な確認内容は以下のとおりです。

  • インストラクター(講師)の指導はどうか
  • 受講するコースのスタイルはどうか
  • 自宅から通えるか

詳しくは「パソコン教室の選び方の3つのポイント|初心者におすすめ」をお読みください。

パソコン教室に通うデメリットとは

パソコン教室に通うデメリットは以下のとおりです。

  • 教室に通うお金がかかる
  • 教室に通う日時を決めなければならない

教室に通うお金がかかる

パソコン教室の最大のデメリットは受講料がかかることです。

当教室の料金の一例は、

入会金    11,000円(税込)

授業料    1,100円×回数(税込)

教室維持費  2,800円(税込)

です。

詳しくはこちらを参考にしてください。

その他、テキスト代などが必要な教室もあります。

経済的な負担がテキスト代の独学と比べて高額です。

教室に通う日時を決めなければならない

パソコン教室に通う場合、受講の日時を事前に決めなければなりません。

パソコン教室のレッスンスタイルには、

  • 一斉授業
  • 個別指導
  • マンツーマン(個人)レッスン

などがあります。

どのレッスンスタイルでも事前に通う日時を決めなければなりません。

一斉授業の場合は、レッスンの日時は教室で決まっています。

個別指導の場合は予約制です。

電話やインタネットで事前に予約を入れます。

マンツーマン(個人)レッスンの場合も個別指導と同様で予約制です。

パソコン教室に通うメリットとは

パソコン教室に通うメリットは以下のとおりです。

  • 短期間で習得することができる
  • 自分のパソコンを持っていなくても受講できる

短期間で習得することができる

パソコンの勉強をしているとわからないことは必ず出てきます。

パソコン教室では、わからないところを講師(インストラクター)に聞けます。

だから、すぐに解決できます。

わからないことを解決する方法として

  • インターネットを検索して調べる
  • パソコンに詳しい家族や友人、職場の同僚に聞く

などがあります。

しかし、わからないことを自分で解決できない初心者の人はいます。

そのため、習得に時間がかかったりパソコンを挫折したりする初心者の人がいます。

エクセル(Excel)やワード(Word)、パワーポイント(PowerPoint)などは、仕事やパソコンの資格試験では必須です。

仕事やパソコンの資格取得が目的の人は、短期間で習得しなければなりません。

パソコン教室ではわからないところはすぐに解決できます。

だから、パソコンを短期間で習得できます。

パソコンを持っていなくても受講できる

自分のパソコンを持っていない初心者の人は多いのではないでしょうか。

パソコン教室では、教室のパソコンを使って勉強できます。

パソコンを仕事では使うが自宅では使わない人にとって、自分のパソコンは必要がありません。

だから、パソコンを購入しなくてもパソコンの操作を習得できることは、パソコン教室のメリットです。

無料体験レッスンを利用する

パソコン教室に入会する前に、無料体験レッスンの利用をおすすめしています。

パソコン教室のデメリットは受講料がかかることです。

インターネットの情報だけではなく、実際にパソコン教室に行って、説明を受けてください。

主に確認することは以下の通りです。

  • 自宅や仕事場からのアクセスはどうか
  • 資格取得対策、基本操作の習得、スキルアップなど自分が学べるコースはあるか
  • 講師(インストラクター)の教え方はどうか

無料体験レッスンについてはこちらを参考にしてください。

パソコン教室と独学のどっちがいいのか

パソコン教室でも独学でもパソコンスキルを身につけることはできます。

パソコンスキルを身につける方法は、次の2つを繰り返すことです。

  • 毎日パソコンを使う
  • わからないことを解決する

パソコン教室にも独学にもこの環境はあります。

だから、パソコンスキルはパソコン教室でも独学でも身につけることができます。

大切なことは自分に合った環境を選ぶことです。

パソコンを使うときに必要なスキルとは

パソコンを使うときに必要なスキルとは、次の2つができることです。

  • よく使う操作を調べずにできる
  • わからない操作方法を調べることができる

よく使う操作を調べずにできるとは、パソコンを使って作業を開始してから終了するまで必ず1回は使う操作を調べることなくできることです。

よく使う操作は、アプリケーションソフトやパソコンを使う目的によって違います。

代表的なものは以下の8つです。

  • アプリケーションソフトを起動することができる
  • 新規(保存)フィイルを開くことができる
  • 入力ができる
  • 書式を設定することができる
  • コピーなどができる
  • 印刷ができる
  • ファイルを保存することができる
  • ソフトを終了することができる

エクセル(Excel)の基本操作についてはこちら

ワード(Word)基本操作についてはこちら

参考にしてください。

これらの操作方法は、わからなくても調べることができます。

しかし、調べながら作業をするのでは時間がかかります。

パソコンを利用するメリットの一つは、手作業より短時間で終わらせることです。

パソコンを使っているのに作業に時間がかかるのではパソコンを使う意味がありません。

だから、よく使う操作を調べずにできるスキルを身につけておかなければなりません。

わからない操作方法を調べることができるとは、

  • インターネットで検索して調べる
  • 本で調べる
  • パソコンに詳しい家族や友人、会社の同僚に聞く

などの方法で知らないことを調べ、作業を完了させられることです。

パソコンスキルがある人はすべての操作方法を覚えているわけではありません。

覚えていない操作方法が必ずあります。

しかし、わからないことが出てきた時に自分で調べて解決することができます。

わからないことをインターネットで検索して解決することは、パソコン初心者の人にとって難しいことです。

パソコンスキルを身につける方法は

パソコンスキルを身につける方法は、

  • 毎日パソコンを使う
  • わからないことを解決する

を繰り返すことです。

パソコンの操作方法を無理に暗記する必要はありません。

パソコンスキルがあるといわれている人もすべての操作方法を暗記していません。

よく使う操作を身につけ、わからないことがあれば調べているのです。

よく使う操作を身につける方法は、毎日パソコンを使うことです。

毎日パソコンを使っていると、必ずわからないことが出てきます。

わからないことをインターネットでなどで調べて解決する回数を増やすことで、調べる方法を習得できます。

調べる方法を習得すれば、覚えなくてもパソコンを使えます。

初心者がパソコン教室に通うメリットとは

初心者がパソコン教室に通うメリットは、以下の3点です。

  • 教室のパソコンを使って学習できる
  • 教室がカリキュラムを考える
  • わからないところを聞ける

パソコン教室のメリットの一つ目は、教室のパソコンを使って学習できることです。

確かにパソコンを使用せず教材を読む学習法でスキルを身につけることはできます。しかし、パソコンスキルを最短で身につける方法は、

  • 毎日パソコンを使う
  • わからないことを解決する

ことです。
そのためにはパソコンが不可欠です。

しかし、高額なパソコンを購入することは、パソコン初心者にとって経済的な負担は大きいことです。

パソコン教室を利用すれば、高額なパソコンを購入しなくても学べます。
初期費用を抑えることができます。

だから、パソコンを購入しなくても教室のパソコンを使って学習できることは、パソコン教室のメリットです。

パソコン教室のメリットの二つ目は、教室がカリキュラムを考えることです。

確かに、パソコンの教材は初級者から上級者のレベルに応じて多数市販されています。

探している自分にあったテキストは必ず見つかります。

しかし、各レベルの教材の種類が多いので、パソコン初心者にとって、どのレベルの、どの教材が自分に合っているのかわかりません。
どんな教材を探したらいいのかわかりません。

パソコン教室では、生徒さんの現在のスキルと目的・目標を考えカリキュラムを組みますので、スムーズに学習を始めることができます。
また、教材に載っていても、その人に必要がなければ飛ばすこともできますので、時間を無駄にすることはありません。

だから、パソコン教室がカリキュラムを考えることは、パソコン教室のメリットです。

パソコン教室のメリットの三つ目は、わからないところを聞けることです。

確かに、分からないところは、インターネットで検索したり本を調べたりすることで解決できます。

しかし、パソコン初心者にとってわからないことを調べるのは難しいのではないでしょうか。
わからないことを調べられないために、挫折している人が多いのではないでしょうか。

パソコン教室では、わからないところはすぐに講師(インストラクター)に聞くことができます。
パソコン教室の講師(インストラクター)は、基礎的な知識がや初心者への説明の経験が豊富です。

初心者にわかりやすく説明ができます。

パソコン教室に通っている人はわからないという理由で挫折することはありません。

だから、わからないところを聞けることは、パソコン教室のメリットです。

初心者がパソコン教室に通うデメリットとは

パソコン教室に通うデメリットは、以下の3点です。

  • 授業料がかかる
  • 予約制で時間が決まっている
  • 教室に行かないと学習できない

パソコン教室のデメリットの一つ目は、授業料がかかることです。

そのため、毎月の金銭的な負担が大きくなります。

パソコンや教材の購入費と比較すると、負担は小さいかもしれません。しかし、利用期間が長くなると授業料の方が高額になる場合もあります。

パソコン教室のデメリットの二つ目は、予約制で時間が決まっていることです。

ほとんどの教室は予約制です。

そのため、空いた時間にパソコンの学習をすることができません。

自宅に教材とパソコンがあればできますが、費用的な負担は大きくなりますのでパソコン教室を利用するメリットがなくなります。

パソコン教室のデメリットの三つ目は、教室に行かないと学習できないことです。

自宅の近くや通勤途中に教室がなければ移動のための時間や費用が発生します。

最近は、オンラインで学ぶことができる教室が増えています。

しかし、そのためには自宅に教材とパソコンの用意が必要です。

費用的な負担は大きくなりますのでパソコン教室を利用するメリットがなくなります。

初心者が独学で勉強するメリットとは

独学のメリットは、以下の3点です。

  • 授業料がかからない
  • 好きな時間に学習ができる
  • どこででも学習できる

独学のメリットの一つ目は、授業料がかからないことです。
確かに、教材やパソコンの購入に費用が生じます。

特にパソコンは高い商品です。

しかし、長期間パソコンを使うのであれば、教室の授業料より安くなります。

教室を利用する場合、期間や時間数が長くなったり、回数が増えたりすると授業料は高額になります。

独学では、授業料などのお金などが不安になることはありません。

だから、授業料がかからないことは独学のメリットです。

独学のメリットの二つ目は、好きな時間に学習ができることです。

休日やスキマ時間を使って学習することができますので、学習時間を増やすことができます。

パソコンを使う時間を増やすことで、早くスキルが身につきます。

だから、好きな時間に学習ができることは独学のメリットです。

独学のメリットの三つ目は、どこででも勉強できることです。

自宅や職場などのパソコンを使って勉強できますので、勉強時間を増やすことができます。

パソコンを使う時間を増やすことで、最短でスキルが身につきます。

だから、どこででも学習できることは独学のメリットです。

初心者が独学で勉強するデメリットとは

独学のデメリットは、以下の3点です。

  • 勉強するためにはパソコンが必要
  • 自分でカリキュラムを考える
  • 自分でわからないところを調べる

独学のデメリットの一つ目は、勉強するためにはパソコンが必要なことです。

パソコンを使える環境がない場合は、パソコン購入のため費用が必要となります。

確かに、パソコンを使用せず教材だけで勉強することも可能です。

しかし、パソコンスキルを身につける方法は、

  • 毎日パソコンを使う
  • わからないことを解決する

ことです。

パソコンを使わない学習は効率よくありません。

独学のデメリットの二つ目は、自分でカリキュラムを考えなければいけないことです。

確かに、パソコンに関する教材は、レベルごとに多数出版されていますので、自分に必要な教材は必ず見つかります。

しかし、数多い教材の中から、初心者が自分のレベルに合っているものを選び、カリキュラムを考えることは簡単ではありません。

独学のデメリットの三つ目は、自分でわからないところを調べなければいけないことです。

確かに、わからないところは、インターネットで検索したり本を使ったりして調べることはできます。

しかし、初心者が自分の必要としている答えを検索することは難しいことです。

必要な情報を見つけることに時間がかかります。

書かれている内容が理解できないことがあります。

パソコン教室で勉強する方が向いている人

パソコン教室での勉強に向いている人は、

  • 今すぐにパソコンを買うことができない
  • わからないときに聞ける人がいない
  • 何を学んでいいかわからない

という方です。

パソコンスキルを身につけるためには、パソコンは必要不可欠です。

しかし、高い買い物なので今すぐ買うことができない方も多いのではないでしょうか。

そのような方には、パソコン教室を利用することをおすすめします。

教室にはすぐ使えるパソコンが用意されています。

パソコン教室の最大のメリットを活かして下さい。

わからないことを速く解決する方法は、知っている人に聞くことです。

パソコンに詳しい会社の同僚や友人がいない方には、パソコン教室を利用することをおすすめします。

初心者には、インターネットで検索したり本を使って調べる方法をわからない人が多いです。

近くにパソコンに詳しい聞ける人がいないといつまでたってもわからないことを解決できません。

近くに教えてもらえる人がいないのであれば、パソコン教室の講師(インストラクター)を活用してください。

パソコンで処理をする作業がない方にとって、パソコンで何を学べばよいかわかりません。

パソコンスキルを身につけて就職したいと思っていても何を勉強していいかわからないのではないでしょうか。

何を勉強していいかわからない人にパソコン教室を利用することをおすすめします。

パソコン教室には、エクセル(Excel)やワード(Word)などの基本的な使い方やエクセル(Excel)の関数、パソコンの資格であるMOS資格取得対策まで講座を用意しています。

生徒さんの目的に応じたカリキュラムを作成することができます。

仕事のため趣味のため、資格取得のためなど目的が変われば勉強す内容が違ってきます。

その人の目的に応じたカリキュラムが必要です。

何を学んでいいかわからないのであれば、パソコン教室を利用してください。

独学で勉強する方が向いている人

独学に向いている人は

  • 自宅にパソコンがある
  • わからないときに聞ける人がいる
  • 学ぶことがわかっている

という方です。

自宅にパソコンがある方は、自宅で、市販の教材を使って勉強することができます。

そのような方には、独学をおすすめします。

しかし、パソコンの有無だけで判断しないでください。他の2つの条件も含め判断してください。

近くにわからないことを聞ける人がいるのであれば、その方に教えてもらえます。

そのような方には、独学をおすすめします。

毎日パソコンを使い、わからないことが出てくれば、パソコンが詳しい人に聞きながら解決してください。

パソコンスキルを習得できます。

しかし、その人が忙しくて聞きづらい、教え慣れていないので説明が分かりにくい場合があります。

それらを含めて判断してください。

パソコンで処理したい作業などパソコンを使う目的がすでにある人は、勉強することがわかっているのではないでしょうか。

そのような人には、独学をおすすめします。

作業をしながら、わからないところを解決していけばパソコンスキルを習得できます。

無料体験レッスンを利用する

パソコン教室と独学で悩んでいる人には、無料体験レッスンの利用をおすすめします。

パソコン教室のホームページに書いている情報だけで決めないでください。

実際に、パソコン教室でレッスンを受講してください。

  • 講師(インストラクター)の指導方法はどうか
  • 自宅や会社から通うことは可能か

などを確認してください。

無料体験レッスンについては、こちらを参考にしてください。

パソコン教室は出会いがある場か

パソコン教室に通っている生徒さんとは

パソコン教室にはどのような人が通っているかご存知でしょうか。
当教室には、小学生から70歳代の人が通っています。
社会人の男性と女性の比率は、男性が約30%、女性が約70%となっています。
パソコン教室には、様々な年齢、性別の人が通っています。

年齢、性別、職業が異なる生徒さんや講師との出会いがあります。

教室での出会いはレッスンの形式によって異なる

出会いがあるかどうかはパソコン教室のレッスンの形式によって異なります。

パソコン教室にはパソコンの操作を覚えるために通っています。

婚活や出会いを求めて通っているのではないので、すぐには出会えるわけではありません。

しかし、パソコンという共通の話題があるので他の生徒さんと自然と話をしたり仲良くなったりする可能性はあります。

パソコン教室のレッスンの形式とは

他の生徒さんとの出会いがあるかどうかは、他の生徒さんとの会う回数に影響を受けます。

パソコン教室では、レッスンの形式によって他の生徒さんとの出会いの可能性は違ってきます。

パソコン教室の代表的なレッスンの形式は、以下の通りです。

  • 一斉授業
  • 個別指導
  • マンツーマン(プライベート)レッスン

一斉授業

一斉授業では、クラスやグループに分かれた生徒さんに対し1人の先生が教えます。
生徒さんが受講する時間やカリキュラムが同じなので出会いが多い形式です。
教室で会う回数が多いので、他の生徒さんに自然と話しかけるチャンスがあります。
わからないところを教えあったり、会社の話をしたり仕事の情報を交換したりすることで距離が縮まるのではないでしょうか。
教室で仲良くなれれば、レッスンが終わってからの参加者の食事会や飲み会に繋がり、デートに発展することも期待できます。

個別指導

個別指導では、複数の生徒さんに対し一人の先生が教えます。
一斉授業とは違って、生徒さんごとに受講する時間やカリキュラムは異なりますが出会いはあります。
受講時間は予約制になっています。

自分の都合に合わせて受講することができます。

パソコンに向かって各自で勉強をしているので、受講中に他の生徒さんとの出会いはすくないかもしれません。

しかし、個別指導でも、生徒さんと先生はコミュニケーションをとっています。
生徒さんのわからないところを把握するためです。

生徒さんとのコミュニケーションを通してパソコンの知識や職場でのパソコンの状況などを聞くようにしています。

複数の生徒さんを交えてコミュニケーションをとることもあります。

先生とのコミュニケーションを通じて他の生徒さんとコミュニケーションをすることは可能です。

また、受講後にコミュニケーションすることも可能です。

個別指導でも出会いはあります。

マンツーマン(プライベート)レッスン

マンツーマン(プライベート)レッスンでは、生徒さん一人に対し一人の先生が教えます。
生徒さんに応じたカリキュラムが組まれています。
パソコンをすでに使っている経験者には、実際にパソコンで使っている仕事や趣味などを持ち込んでもらって分からないところを指導することもあります。
受講時間は予約制になっていて、自分の都合に合わせて受講することができます。
受講時間やカリキュラムが異なるので、他の生徒さんとの出会いは少ないのではないでしょうか。

教室の無料体験レッスンを利用する

パソコン教室に通い始める前に、無料体験レッスンをおすすめします。
パソコン教室を選ぶ場合には、評判や費用だけではなくレッスンの内容や先生の指導方法、自宅からのアクセスなど実際に教室へ行って知ることが大切です。
また、自分が利用しようと思っている同じ時間にどのような生徒が勉強しているかも確認するようにしてください。
パソコン教室の選び方は、「パソコン教室の選び方の3つのポイント|初心者におすすめ」を参考にしてください。

今回の記事のまとめ

独学でパソコンスキルを身につけられる人もいます。

しかし、皆が独学できるではありません。

自分にとってどの方法が最適化を考えている人は、今回の記事を参考にしてください。

他にもこんな記事が読まれています