2020年からプログラミング教育が義務教育に導入され、論理的に考えたり、自分で問題を解決したりと「考える力」を育てる試みが実践されていますが、その影響もあり、習い事でプログラミングを習ったり、中にはロボットを作るというものが急速に身近なものとなってきました。

ロボット制作も大きく捉えると「プログラミング教育」のくくりに入りますので、最近ではロボット講座を取り扱うところが増えています。

今回は、ロボット講座を学ぶことができる場所と、講座の詳細な例についてお伝えしていきます。

ロボット講座では具体的にどんなことを学ぶのか

いきなり高レベルの内容はしない

ロボット講座も様々な教材がありますので、教室によっては違う教材を採用していたりします。

そのため、一概に「こういうものである」という限定はできません。

ただ、当教室が設けている講座を参考に説明をしますと、一般的なロボット講座では、そこまで高レベルな内容はしません。

そのため、

「NHKのロボコンみたいな、あんなのをやるのかなぁ」

と心配された方もいらっしゃるでしょうが、最初からあんなものは無理です。

その代わり、一からロボットに取り組む子どもたちを対象にやさしいレベルの内容が用意されています。

初心者向けのロボット講座の内容は

一般的な講座では、ロボットの本体(体)を作る練習と動きを決める命令を作っていく講座が別になっているので、一度に大量の内容を学習するということはありません。

まず、最初はロボット本体の作成。

ロボット本体の作成は、あらかじめ指定された材料を自分で集めて、図解を見ながら作成をしていきますので、よく分からないという子でも見ながら作ることができます。

ちなみに当教室が採用している教材では、カラフルなブロックを使って組み立てていきます。

そして、ロボット本体が作れたら、いよいよ動かす番。

動かす命令は、むずかしい英語が出てきたりはせず、前に行くなら前向き矢印、回転するなら転回の矢印、といったようなマークを組み合わせて命令を作っていきます(プログラミング)。

例えば課題で、

「まっすぐ動かして、お家の絵のところまで行くようにしましょう」

といった指示が出たりします。

まずは自分で大体、

「まっすぐ行くにはこのくらいの時間、前に進むボタンを設定すればいかなぁ」

といったように、考えて命令を作って動かします。

うまくいかなかったら、なぜうまくいかないのかを自分で考えます。

「まっすぐ進むための時間が足りないのかな」

「どこか部品をつけ忘れているのかな」

などなど、なぜうまくいかないのか、どうすればうまくいくのかを自分でイメージし、実行し、解決する力をここで鍛えていきます。

もし分からない場合は、インストラクターと一緒に、「どこが足りないんだろう」と考えて、解決へ進んでいきます。

このように、

  1. ロボット本体を作る
  2. 動かすイメージをしながら、命令を作り、ロボットを動かす
  3. 実際に動かしてみて、うまくいかない場合は解決策を試す

の3段階を経験することで、問題に直面した際にどうすればうまくいくか、自分で考える力、解決する力を養うことができます。

対象年齢はどれくらい?

教材によっては、対象年齢が小学校高学年から中学生というところもあったり、そもそも講座の回数が数回で終わってしまったりと、ロボット講座によっては多少ばらつきがあります。

一方で、当教室が採用している教材では一番低い年齢では年長さんからを対象にしています。

対象年齢が低めの内容といっても、多少はお子さんにとって難しい部分もでてきますので、毎回ロボット講座をするとしんどいと感じるお子さんも多いです。

そのため、ロボット講座自体は月に2回にすることで学習の負担を減らし、その代わりにちょっとずつ進めることで「できた」という楽しさを大事にしてもらうようにしています。

1回のロボット講座の内容自体も、1時間程度あれば終えることができるようなシンプルなものとなっています。

また、ロボットでも使うブロックパズルを使って、立体パズルや色をルールに沿って並べるゲームのような教材もあり、定期的に内容が変わっていきますので、ロボットがない日はパズルをするなど月4回程度、飽きずに通ってもらうことができます。

プログラミング対策に役立つのか?

ロボット講座を受けるのは、学校のプログラミング教育の対策になるのでしょうか。

勿論、子どもたちの中でも多少個人差がありますが、以下の点においては間違いなく有利になると言えるでしょう。

  • 実物を見てイメージする力
    →このあとこのロボットはどうなるか、など予測する力
  • 自分で方法や解決策を考える力
    →段々と「前に動かしたあとは、右に大体●秒動かしてみよう」などと、自分で物事を行う順番を筋道立てて考えることができるようになる
  • 失敗しても何度でもあきらめない力
    →ロボット講座では失敗は日常茶飯事。一度ダメだっただけではあきらめず「こうしてみよう」「次はああしてみよう」といったように考えられるようになる
  • パソコンスキル
    →高度なものではないものの、マウスやキーボードを触って命令を作っていくなど、パソコンを使う最低限のスキルを身につけることができる

どのようなところでロボットを学べるのか

現在、どのようなところでロボット講座を受けることができるのか。

大体宣伝をしているところは、学習塾やパソコン教室がほとんどで、「ロボット教室」というロボットを単体にした教室はほとんど見かけることがありません。

ただ、ロボット講座は塾であろうが、パソコン教室であろうが必ず無料体験は行っています。

お近くの教室や気になる教室がありましたら、まずは無料体験に行ってみましょう。

そして、お子さんとしっかり相性が合うかどうか、楽しんでできそうかどうか、ご予算に合うかどうかも含めてまるまるしっかり確認することが大切です。

最後に

一般的にみられるロボット講座はどのようなものか、詳細や対象年齢、学べる場所などについてお伝えしてきました。

受講を考えられている方々の参考に少しでもなりましたら幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。