転職のためにパソコンの勉強を始めようと思っている人は、パソコンに通った方がいいかどうかを悩んでいるのではないでしょうか。
今回は、転職のためにパソコンを勉強するなら独学と教室のどっちがいいかについて解説しています。

転職のためにパソコンを勉強するならどっち

転職のためにパソコンを勉強するのであれば、パソコン教室に通うことをおすすめします。
理由は、短期間で転職に必要なスキルを習得できるからです。
転職のためにパソコンの勉強を始めようと思っている人の共通点は、

  • パソコン初心者である
  • パソコンの勉強時間が少ない

ではないでしょうか。
パソコンを勉強する方法には、独学とパソコン教室を利用する方法があります。
独学もパソコン教室での勉強も基本は同じです。
テキストや動画などで基本操作を学びます。
一番大きく違う点は、わからないことをすぐに解決できるかどうかです。
独学でも、わからないことを解決する方法はあります。

  • インターネットで検索して自分で調べる
  • パソコンに詳しい人に聞く

などの方法があります。
しかし、転職をするために、今からパソコンを勉強を始めようと思っている人はパソコン初心者です。
パソコン初心者もインターネットで検索してわからないことを解決できますが、時間がかかるのではないでしょうか。
職場の同僚などでパソコンが詳しい人に聞けますが、

  • 聞く人が忙しいので、聞きたいときに聞けない
  • 忙しい人に何度も聞くのが申し訳ない
  • 説明してもらったが、説明の内容がわからない

というようなことはないでしょうか。
パソコン教室では教室に講師(インストラクター)が常駐しています。
わからないことがあれば、講師(インストラクター)に質問できます。
質問すればすぐに解決します。
同じ質問を何度しても嫌がられません。
生徒ひとりひとりの理解度やスキルに応じて、専門用語を使わず、にわかりやすく説明します。
だから、わからないことを解決するの時間をかけません。
短時間で転職に必要なスキルを習得できます。
独学のメリットの一つは、月謝がかからないことです。
しかし、優先事項が短期間で習得することである人にはパソコン教室で勉強することをおすすめします。

転職に必要なパソコンのスキルとは

転職に必要なパソコンスキルは、エクセルやワードの基本操作です。
エクセルやワードなどのマイクロソフトオフィス製品の利用スキルは、事務などの仕事では必須です。
基本操作とは、エクセルやワードなどを使って作業する時に必ず使う操作のことです。

エクセルの基本操作

主なエクセルの基本操作は、以下のとおりです。

  • ブック(文書)の作成、編集、ブックの保存・上書き保存
  • 文字の入力・改行・装飾(文字の入力、「太字・下線・囲み線・文字色の変更、左・中央・右揃え」等の装飾)
  • シートの管理(新規シートの作成、既存シートのコピー、シートの移動等)
  • 表(表の作成、行・列の追加、セルの結合、罫線の追加・削除)
  • ページ・印刷設定(余白、用紙サイズ、印刷の向き、印刷の微調整等)

詳しくは、「エクセル(Excel)の基本操作ってどこまで?|求人必須スキルを簡単チェック」をお読みください。

ワードの基本操作

主なワードの基本操作は、以下のとおりです。

  • 文書の作成、編集、文書の保存・上書き保存
  • 文書の入力・装飾(文字の入力、「太字・下線・囲み線・文字色の変更、左・中央・右揃え」等の装飾)
  • 表(表の作成、行・列の追加、表のセルの結合、罫線の追加・削除)
  • 図形・写真(図形・写真の挿入・移動・サイズ変更・削除)
  • 用紙設定(余白、用紙サイズ、印刷の向き等)
  • 印刷

詳しくは、「ワード(Word)基本操作ってどこまで?|求人必須スキルを簡単チェック」をお読みください。

MOS資格はマイクロソフト社の利用スキルを証明できる

パソコン教室に通っていることを履歴書に書いたり面接で答えたりすることで、パソコンの勉強中であることは理解されます。
しかし、利用スキルがその程度なのかを証明することはできません。
履歴書や面接でパソコンの利用するをアピールしたいのであれば、パソコンの資格の一つであるMOS資格の取得をおすすめます。
MOS資格とは、マイクロソフト オフィス スペシャリストといいます。
エクセルやワードなどのマイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明できる資格です。
マイクロソフトオフィス製品の利用スキルは事務などの仕事では必須です。
MOS試験実技試験です。
実際に一般事務で使う内容となっていますでの、事務職未経験が事務に必要な操作を習得できる資格といえます。
事務などのパソコンを使った仕事が未経験の人には、MOS資格をお勧めします。

今回の記事のまとめ

今回は、転職のためにパソコンを勉強するなら独学と教室のどっちがいいかについて解説してました。
参考にしてください。