高校生になって、初めてバイトをする、という方は多いと思いますが、何のバイトをするかどうかは悩むもの。

某ハンバーガー屋さんやお寿司屋さんなどのチェーン店も選択肢ですし、おしゃれなカフェもあったりして、候補はたくさん。

中にはマイナーですが、「パソコン教室で働きたい」と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、高校生がパソコン教室でバイトできるのかどうかについてお伝えします。

高校生はパソコン教室でバイトできる?

都心の大手パソコン教室や、ショッピングモールに入っているようなパソコン教室では、パート社員の募集をしていると言っても、実際は大学生や社会人を対象に募集をしているところがほとんどです。

そのため、「学生も歓迎」というような某●ndeedの求人情報を見たとしても、大半は「高校生」は当てはまらないと思った方が良いです。

そもそも高校生であれば平日は学校の授業がありますから、休みは必然的に土日になってきますよね。

たくさんの時間で勤務をしようと思えば、1日中勤務をするとして週1か週2が限界でしょうし、平日の夜に入れたとしても勤務時間はごくわずかにしかなりません。

中には日曜日は営業をしていないパソコン教室もありますから、週1しかバイトができないというのが実情でしょう。

週に3回4回以上の勤務を求めている教室が多かったりもしますから、高校生でも働けるとしても、採用される可能性は少なくなってきます。

しかし、一つだけ可能性があります。

それは、個人経営のパソコン教室。

個人経営の教室ならば、採用権限はその個人経営者にあります。

そのため、その経営者の気分で高校生を採用することもできるわけです。

ただ、一つ注意しておくのが、勤務ルールと給与の支払い。

こちらはトラブルのもとになりやすいので、あらかじめ書面を用意してもらうなどし、しっかりと明示してもらうようにしましょう。

学生で働くならどんな資格が必要?

「未経験でもOK」というところなら比較的にハードルは低く、そんなに経験がなくても採用をしてもらえる場合が多いです。

しかし、MOS、P検、日商PC検定といったような、パソコンに関する検定は何か持っておいた方が、採用には有利に働くでしょう。

自分のパソコンスキルを客観的に証明できるものとなりますので、あるのに越したことはありません。

あとは、インストラクター業務で実際に、

「あの資格は、具体的にどんな範囲が試験内容なの?」

といったように質問されることがあります。

特に試験の会場になっている教室であると、試験対策講座があって、授業を受けている生徒さんもいたりします。

その際に、講師が指導する機会も勿論考えられます。

「えっと…私、持っていないので分かりません…」

というのは、よっぽど難しい資格ならまだしも、一般的な資格に対してそのような状態であれば、

「この先生、大丈夫かなぁ…?」

という印象を相手に与えることも。

ある程度資格は持っていないと示しがつきませんので、なるべくメジャーな資格は取っておくとベストです。

「実務経験」が重要視されることも

パソコンインストラクターは「幅広いパソコンの知識」だけではなく、「実務経験」も求められることが多いです。

どういうことかと言いますと、実際に企業での事務経験、書類作成経験など「生きた知識」を持っているかということです。

パソコン教室のテキストに書いてあるスキル等は、実際は使われない部分も存在します。

そのため、仕事で使うパソコン作業の事で何か生徒さんから相談された場合は、

「こういった記録をExcelで作るなら、このExcel関数を使った方がいいですよ」

「こういうレイアウトで作成をしていくと、後々困らないです」

といったようなアドバイスができると理想的です。

そのため、学生は社会に出て実務経験を積んだとは言えないので、その点からはインストラクターをするのには不利と言えるかもしれません。

また、生徒さんが実際に授業中に変な画面を出してしまったり、使っているパソコンで原因不明のトラブルが出た等は、知識等で解決できるわけでなく、パソコンインストラクターとしての「実務」経験を得ることでだんだん解決できるようになっていきます。

その点もアルバイトとして、忍耐が求められるでしょう。

高校生はパソコン教室でアルバイトできる?のまとめ

高校生がパソコン教室でアルバイトができるかどうかについて、お伝えしました。

パソコン教室でのアルバイトを考えている方がいらっしゃいましたら、参考にいただければ幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

他にもこんな記事が読まれています